文書・文章作成

企画書の構成6つの要素と書き方を解説!簡単に使えるテンプレートも

企画書の構成に必要な6つの要素と書き方

企画書は多くの人間に企画の内容・有益性・フロー・収支計画などを伝えるために作成しますが、企画書を作成した人間の能力も評価される可能性がある非常に重要な存在であると言えます。

良い企画書を作成するためには、企画書の構成要素や作成のポイントを理解しておく必要があるでしょう。

この記事では企画書を自力で0から作成したいと考えている方向けに、企画書の構成・作成のポイント・注意点を解説したいと思います。

企画書を読む相手に伝わりやすく魅力的な企画書を作成したいと考えているのなら、ぜひ参考にしてください。

 

企画書とは

企画書とは、新しい事業やイベントの実行・新しい商品やサービスの提案時などに作成される文書のことです。

企画の内容によっては社内で企画についての情報が共有されるだけでなく、社外の方との連携を築くために欠かせない重要な役割を持っています。

そのため、企画書の仕上がりによって企画の成功が左右されると言っても過言ではありません。

 

作成する目的

全ての企画書は「企画の立案者が企画の情報を、社内または社外の関係者と情報共有すること」を目的としています。良い企画書を作成するためには、この企画書が作成される目的を十分に理解しておく必要があるでしょう。

つまり企画書は企画の関係者を説得し、納得させるためのツールだということです。

その目的を達成するためには、企画書は企画書を読む相手にとって「分かりやすく」「伝わりやすい」ものでなくてはいけません。どんなに素晴らしいアイデアを実現化させるような企画だとしても、この目的が果たせなければ企画の魅力を相手に伝えられず、企画自体が実行される可能性も低くなってしまうでしょう。

企画書を作成するときには「企画書作成の目的」を意識するようにしてください。

 

提案書との使い分け

企画書と提案書は似た意味合いを持っており、2つを同じものだと考えている方もいるようです。しかし、実際にはこの2つにはそれぞれ違う意味がありますので理解しておきましょう。

提案書は企画書を作成する前の段階で作られるもので、簡単に言えばアイデアなどを示した文書のことです。

そのため、企画書ほど企画について詳細を記載する必要はありません。ただし、提案書が通らなくては企画がストップしてしまいますので、企画に興味を示してもらい企画の詳細が知りたいと感じてもらえるような内容の提案書を作成する必要があります。

一般的には企画の実行フローや収支計画までは提案書に記載する必要はないと考えられていますが、会社によっては企画書と提案書の線引きが曖昧になっている場合もあります。

会社で活用されている過去の企画書や提案書を確認した上で、慣例に従った文書を作成できると良いでしょう。

企画書のポイントや書き方についてはこちらの記事もあわせてご参考ください。

企画書の書き方と4つのポイント
企画書の書き方4つのポイントとすぐに使えるテンプレート

続きを見る

 

企画書の構成6つの要素

企画書は企画によって内容が大きく変わるため、企画書の明確なルールは設けられていません。しかし、基本的な構成を理解できなければ非常に分かりにくい企画書になってしまう恐れがあるのです。

ここでは企画書を作成する際に守るべき企画書の基本的な構成を解説しましょう。

企画書の構成が理解できれば、さまざまな企画書を作成するときにも簡単に応用できるようになります。

 

タイトル

企画書のタイトルになります。企画を手に取った人が最初に目にする部分であり、企画書のコンセプトとも言えるでしょう。

そのため、企画書のタイトルは明確で分かりやすいものを考えます。

たとえば「新サイトの企画書」だけでなく「子ども服ECサイト立ち上げの企画書」、「販路拡大の企画書」ではなく「新規ターゲット層開拓のための販路拡大の企画書」など、タイトルだけで企画の内容が推測できるタイトルがお勧めです。

企画書を読む相手に、タイトルだけで企画に興味を持ってもらうことを目指すと良いでしょう。

特に上層部の人は、毎日いくつもの企画書を確認している可能性がありますので、魅力がなく内容も分かりにくいタイトルの企画書は目を通してもらえない恐れも考えられます。

 

提案背景

一般的に、何らかの提案を行う際には現状の課題を改善または解決するために企画が計画されることが多いと思います。

企画書を読む相手に、企画を実行する必要性を理解してもらえれば、組織にとってその企画は欠かせないものになるでしょう。

具体的には、企画の提案にある背景は社会の流れや業界の動向といった外部要因と社内の専門性などの内部要因の両面から分析すると、その背景が伝わりやすくなります。

企画の背景を考えることは企画を進める上でも重要なことですので、この背景を明確にしておけば企画の方向性がブレてしまうこともなくなるのです。

 

企画目的

企画を実行する目的を、先ほど説明した提案背景を踏まえてより明確にします。

目的がはっきりとしていない企画は方向性が見えにくく、関係者が企画のゴールを理解できない恐れがあるのです。

企画書を利用して企画の目的を提示すれば、企画を開始した後でも企画書を読むことで目的の再確認ができるでしょう。

トラブルなどが発生し、企画がうまく進まないと感じたときに立ち返ってくる指針があるだけで企画の進むべき方向を誤ることもなくなります。

また、企画書を読む企画の関係者全員が企画の目的を十分に理解していれば、企画に対して最適な改善提案をもらうことも期待できます。

多くの意見が集まれば、企画はより精査された優れたものになるでしょう。

 

企画詳細

ここまでの内容で企画の全体像を説明できていますので、ここからは企画をより具体的に説明していきます。

企画書にて提案する商品・サービス・イベントなどを細かく記載しましょう。

図や写真などを利用した細かな説明が必要なようであれば添付資料を活用すると良いです。

また、企画書を作成する企画の立案者は企画に対して十分な知識を持っていますが、企画を読む相手はそうでないことを忘れてはいけません。

企画詳細の説明は「企画について何の情報も持っていない」相手に対して行うものだと理解し、基本的な説明を省いたり専門用語を並べるようなことは避けましょう。

しかし長すぎる文章は嫌煙される恐れがありますので、簡潔で分かりやすい説明ができるように工夫してください。

企画詳細については、企画によって伝わりやすい書き方が変わりますので、その企画に最適だと感じられる方法を選ぶようにします。

 

実行計画

ここでは実際に企画を実行する際の計画を記載します。

可能な限り数字で期間や時期を表現し、どのようなステップで企画が進められ、いつ実行(発売・開催)されるのかを明確にしましょう。

なぜなら企画書を読む相手が企画を気に入ったとしても、今後のステップが見えなくては現実味がないと感じられてしまうためです。

たとえば「来春販売予定」よりも「2021年4月販売予定」の方が伝わりやすい実行計画だと言えます。

企画の流れを説明するためには、ステップ1(2020年12月完了予定)・ステップ2(2021年1月完了予定)のように分かりやすく必要なプロセスを区切ります。

企画書を読むだけで、企画がスタートした後のことを手に取るように想像できる状態を用意しておきましょう。

 

収支予測

企画を実行するまでにかかるコスト・かかったコストの回収にかかる期間などを記載します。

この際に利用する数字は明確なものである必要があり、曖昧な表現は避けましょう。

もちろん企画が実行される前に正式な売上や集客などを知ることはできませんので、過去の実績や類似企画の例を参考として誰もが納得できる収支予測を立ててください。

さらに、収支予測を作成するために参考とした対象や調査の結果は収支予測の根拠として提示します。

なぜなら根拠のない収支予測は信憑性が薄くなってしまい、見通しが甘いと感じられてしまうためです。

また、収支予測が用意されていない企画は企画書として不足していると言え、企画に対してのリスク管理もできなくなります。

収支予測を苦手と感じる方は少なくないようですが、回数をこなすうちにコツをつかめるようになるでしょう。

 

企画書の構成を考える際の注意点

企画書の構成に必要な6つの要素と書き方

企画書の基本的な構成を説明いたしましたが、その注意点を知らない状態では理想的な企画書を作成することはできません。

企画書の構成を作成するときの注意点を説明しましょう。

企画書作成に慣れた方でも注意点が守られていない場合がありますので、気をつけてください。

 

受け手の視線で作る

企画書は自分の行いたいことや意見をアピールする場所ではありませんので、相手に企画についてしっかりと情報共有できるものでなくては、企画書の意味がなくなってしまいます。

また分かりにくく伝わりにくい企画書を作成してしまうと、優れた企画の魅力も薄れてしまうのです。

このような事態を避け企画への理解を深めるためには、企画書を読む側の目線で企画書を作成する必要があります。

企画書を作成する本人は企画について多くの知識と深い理解があるはずですが、企画について何の知識もない相手が読むために企画書を作成することを忘れずに、分かりやすい企画書が作成できるようになりましょう。

もちろん誤字や脱字などの初歩的なミスがないような注意も必要です。企画書は提出前にしっかりと内容の確認を行い、可能であれば上司に一度確認してもらうのも良いでしょう。

 

要所で根拠を示す

ビジネスで文書を作成するとき・話をするときの基本でもありますが、根拠がない話で相手を納得させることは困難です。

企画書も同様に、要所要所で根拠を示すようにしましょう。

特に実行計画や収支計画には根拠が欠かせません。具体的な数字を利用した表現が必要である実行計画・収支計画の根拠が曖昧な企画書は企画自体の信憑性が薄くなってしまう恐れがあります。

また、企画が机上の空論にならないためにも、企画はすでに動き出しているという事実も記載すると良いでしょう。

 

企画書の構成がそのまま使えるテンプレート

企画書の構成や注意点を説明いたしましたが、すぐに利用できるテンプレートを使えば0から企画書を作成する手間が省けます。

企画書のテンプレートが存在している会社もあるようですが、テンプレートが用意されていない場合には、今までの他の社員が提出している企画書を参考にするのもお勧めです。

ここでは、どのような企画でも活用しやすい基本的な企画書のテンプレートを紹介しましょう。

企画書のテンプレート

宛名 :〇〇課長
提出日:〇〇年〇〇月〇〇日(○)
作成者:〇〇課〇〇

【タイトル】
企画の内容が一目で理解できる分かりやすいタイトルにします。タイトルだけで内容が想像できるものを用意できると良いでしょう。

【提案背景】
外部要因・内部要因を考えた現状の課題を説明しましょう。その課題から企画が生まれたことを伝えます。

【企画目的】
企画の目的や企画によって提案背景にある課題がどう改善・解決されるのかを記載します。

【企画詳細】
具体的に企画で扱う商品・サービスなどの情報を説明します。
ボリュームが多い場合には添付資料として紹介すると良いでしょう。

【実行計画】
企画を実行するフロー・期間・実行予定を記載します。可能な限り曖昧な表現は避け、数字を利用した計画を立ててください。

【収支予測】
企画を実行するまでに必要なコストと、そのコストの回収にかかる期間などを根拠とともに説明します。
実行計画と同様に、具体的な数字を計算した上で収支予測を作成してください。

 

企画書のテンプレートはインターネットでも手に入りますが、情報共有ソフト「flouu(フロー)」では優れたテンプレートがいくつも配布されています。

flouu(フロー)を活用すれば企画書作成後の管理もスムーズに行えるようになりますので、ビジネスを円滑に行うためのツールとして導入を考えてみるのも良いでしょう。

書類やデータ整理に必要な時間を節約できれば、多くの業務を効率的に進められるようになります。

新規事業の企画書についてはこちらの記事もあわせてご参考ください。

新規事業の企画書に関する7つのポイントと無料テンプレート
新規事業の企画書7つのポイント!すぐに使えるテンプレートもご紹介

続きを見る

 

まとめ

優れた企画書を作成するために知っておくべき企画書の構成や、企画書作成時の注意点を説明いたしました。

企画の魅力を十分に伝えるためには、この記事で紹介した内容を十分に理解する必要があります。

企画書の作成に慣れるまでは作成に時間がかかってしまうかもしれませんが、次第に効率良く作業を進められるようになりますので、まずは企画書のテンプレートを参考に企画書作成をしてみましょう。

 

-文書・文章作成
-,

© 2021 仕事のお役立ち情報