情報整理

情報収集ツールおすすめ10選!無料ツールでビジネスを効率化しよう

情報収集ツール

情報収集ツールとは情報収集を効率良く進めるためにあり、多くの情報に溢れている現代では情報収集ツールなくしては情報を上手く取捨選択することが困難であると言えます。

この記事では、情報収集を行うメリットとともに優れたツールを紹介していきます。

 

情報収集ツールとは

情報収集ツールとは、仕事やプライベートにおける情報や知識のインプットを効率化してくれるツールです。パソコン・スマホ・タブレットなど複数のデバイスに対応しているものが多く、ツールごとに特徴も大きく違います。

効率的に情報を収集できるもの・自動的に情報を収集できるもの・スキマ時間を使用して情報収集ができるものなど、それぞれの特徴を理解し、自分の生活に取り入れやすい情報収集ツールを導入すると良いです。

また、ほとんどの情報収集ツールは無料で使用できますので、はじめての人も一度試しに情報収集ツールを活用すると良いでしょう。

 

情報収集を効率化するメリット

情報収集を効率化すれば、多くのメリットを受けられます。まずは情報収集をスムーズに進めることでどのようなメリットが手に入るのかを理解しましょう。

 

仕事の生産性が上がる

情報収集を効率的に行えるようになると、収集後の情報の整理・共有にかかる時間が短くなります。情報整理の活用にかかる時間を短縮できれば、その時間を使用してアウトプットのために使える時間が生まれ、業務全体つまり仕事の生産性を上げられるでしょう。このように、情報収集は自分の仕事のスピードを左右させるものであると言えるのです。

 

思考の幅が広がる

収集する情報を効率良く取捨選択し、無駄な情報に惑わされなくなることにより、質の良いインプットが可能になります。組み合わせられる知識・情報の幅が広がり、今までにないようなアイデアが生まれることも期待できるでしょう。このように思考の幅が広がれば、今まで凝り固まってしまっていた固定概念を取り払った考え方ができるようになります。

効率的な情報収集方法や情報収集に必要な情報収集力についてはこちらの記事もあわせてご参考ください。

成果につながる情報収集の方法
成果につながる情報収集の方法とは?情報源ごとの活用手段を徹底解説

続きを見る

情報収集力とは
情報収集力とは。仕事での情報収集能力を高める5つのスキル

続きを見る

 

情報収集ツールおすすめ10選

情報収集ツール 2

ここからは、情報収集におすすめできるアプリを具体的に10個紹介いたします。どのアプリが自分に適しているのかを理解し、まずはいくつかの情報収集ツールの使い心地を確認してみてください。

4つのタイプに分けて、ご紹介していきます。

情報収集を自動化するツール

情報収集を自動的に行ってくれるツールを活用すれば、自分は情報収集のアクションすら起こさなくても、ツールが自分の求めている情報を勝手に集めてきてくれます。

自分は受け身の状態でも、情報の方から集まってくれるような感覚で情報収集ができるでしょう。情報収集をつい疎かにしてしまう人でも、自然に情報収集という行為自体を習慣化することが可能です。

 

1. Googleアラート

GoogleアラートはGoogle社が提供しているサービスです。事前に特定のキーワードを登録しておくと、そのキーワードやキーワードに類似した情報がインターネット上に流れたときに、プッシュ通知やメールなどを使用して自動的に通知で知らせてくれます。

その他のGoogleツールと連携でき、使い心地も非常に似ているため、Googleメールやドキュメントなどを使用している方におすすめの情報収集ツールと言えるでしょう。通知の頻度・通知方法などの細かな設定が可能なので、通知によって情報確認の時間を強制的に習慣化させることもできます。

 

2. RSSリーダー

「Really Simple syndication」または「Rich Site Summary」の略をRSSリーダーと言い、最新情報の内容や要約を配信するための技術全般の名称でもあります。RSSリーダーを用いれば、インターネット上にある情報の更新情報・新着情報を取得することができます。代表的なものには、Feedlyがあります。

自分が受け取った通知の中から収集したい情報のみを把握するようにすれば、自分が必要な情報を絞り込んだ上で、簡単に手に入れられるということです。なかなか自主的に情報収集に動けないという方におすすめできる情報収集ツールであると言えます。

 

3. Nuzzel

Nuzzel(ナズル)は自分のTwitterアカウントと連携し、自分がTwitterでフォローしている方の情報を整理した上で収集しやすくしてくれる情報収集ツールです。そのため、普段から情報収集にTwitterを使用しているけれども、あまりの情報量に確認が追いつかないという方が使用するべき情報収集ツールだと言えます。

Twitterは情報が発信されるスピードが速いというのがメリットですが、その多すぎる情報量を捌けるかどうかで情報収集をうまく進められるかが左右されます。Nuzzelを使用すればTwitterをより使いこなしやすくなるでしょう。また、その他の情報収集ツールよりも専門的な情報・レアな情報でも収集することが可能です。

 

スキマ時間を活かすツール

忙しい毎日を過ごしていても、ほとんどの方は自分が想像している以上のスキマ時間を持っているものです。

たとえば、電車での通勤時間・待ち時間・入浴時間・自宅で家事をしている時間もスキマ時間であると言えるでしょう。そのようなスキマ時間を情報収集に活用できる方法を、こちらで紹介いたします。

 

4. 音声アプリ

移動中などには視覚を利用した情報収集ができませんが、耳からの情報収集は可能です。少し前までは耳からの情報収集は知名度が低いものでしたが、今ではそのようなスキマ時間を活用するための情報収集ツールもいくつも用意されています。代表的な音声アプリがVoicy、Podcast、YouTubeなどです。

どの情報収集ツールも耳だけで情報を理解できる工夫がされているので、今まで音楽を聴いていたような時間を利用して情報を集められるようになるでしょう。以下に、それぞれのアプリの違いを紹介しましょう。

Voicy(ボイシー)のメインコンテンツは芸能人による「声のブログ」・マスメディアの記事を耳で聞く「メディアチャンネル」・企業が発信する「社外報」などがあり、情報の質の高さが魅力です。YouTubeは有名な動画サービスですが、音声のみでも情報が伝わるようになっている工夫をしているチャンネルも増えました。有料のプランを申し込むと動画のダウンロードや広告の非表示が可能になります。

PodcastはYouTubeと似たサービスではありますが、基本的には視聴をメインとしているYouTubeに比べ、ダウンロードした上で情報を得るスタイルになっています。そのためオフライン環境下でも視聴が可能なので、地下鉄や飛行機を使用した移動中でも情報収集が続けられるでしょう。

 

5. Audible

アメリカで生まれたサービスであるAudible(オーディブル)は、プロのナレーターが情報・教育関連のコンテンツを朗読する形状で配信されています。プロのナレーターによる朗読は聞き取りやすいだけでなく分かりやすく、声が聞きにくい・話し方が気になるなどのストレスを感じることなく、良質な情報を得ることができるでしょう。

個人的に制作される動画と比べて、その情報自体もよく精査された信憑性の高いものが配信されているとも言えます。質の高いナレーションで、情報を耳から取得したいと考えている方におすすめです。

 

6. Pocket

今見ているページを保存しておき、あとでまた確認することができるツールPocket(ポケット)を活用すれば、ブラウザの「お気に入り」機能を使うまでではないような情報を一時的に保存することが可能です。

アプリをインストールすれば、さまざまなデバイスで使用できるようになっているので、パソコンで見つけた気になる記事を保存し、スマホで移動中に読むなどということも可能でしょう。使用方法を想像しただけでも、非常に便利な情報収集アプリだと感じられると思います。

いくつものデバイスを一日に使い分けたり、移動時間が多い方が使用しやすいツールであると言え、ダウンロードした記事はオフライン環境でも閲覧可能だという特徴も持っています。

 

7. 本の要約サービス

たくさんの本を読み情報収集をしたいと考えているが、読書の時間を用意できないという方におすすめできるのが、本の要約サービスです。短い文章でその本の重要な部分を説明してくれるため、読書の時間を大幅に削減することができるのです。

代表的なものには、flier(フライヤー)があります。このツールでは、1冊の本をプロが精読した上で要約し10分程度で内容が理解できるよう工夫されています。

要約では本質が分からないと感じる方もいるかもしれませんが、flierはその要約の質が非常に高いことが人気で、忙しいビジネスパーソンが好んで使用している情報収集ツールです。また、取り扱っている本の数も非常に多いため、自分が読みたいと思っている本が見つけられるでしょう。

 

カスタマイズされた情報を得るツール

自分向けにカスタマイズされた情報を得られる情報収集ツールを活用すれば、自分がほしいと思っている情報が揃えられたオリジナル性の高いキュレーションサイトを構築できるでしょう。

これらの情報収集ツールは、多くのサービスが無料で提供されているので、気軽に使用できるというメリットもあります。

 

8. SmartNews

スマートニュース株式会社が提供するニュースアプリSmartNews(スマートニュース)は、日本国内でTwitterに配信された投稿を独自技術を使用して解析し、リアルタイムで話題になっているニュースや話題を選別してくれます。キーワード設定をしなくても、閲覧履歴などから自分の好みに合わせた情報を集めてくれるので、気づかないうちに自分用のキュレーションサイトが手に入れられるでしょう。

さらに画像を多く使用した見やすく分かりやすい記事にもこだわりを持っているので、記事を読む行為自体にストレスを感じることも少ないと思います。また、後ほど確認したいと思った記事をダウンロードしておけばオフライン環境でも閲覧が可能なため、電車や飛行機での移動が多いビジネスマンでも活用しやすい情報収集ツールであると言えるでしょう。

 

9. グノシー

Gunosy(グノシー)は自分のTwitterやFacebookなどのSNSアカウントと連携させることで、独自開発のアルゴニズム解析を行い、ユーザーの好みを細かく分析します。つまりSmartNews同様に自分に最適なニュースアプリを作成できるということです。

この二つのツールの大きな違いは、操作性にあると言えますので、両方のツールを一度活用してみた上で、自分が使用しやすいと感じた方を使うようにすると良いでしょう。

 

ビジネス感性を磨くツール

ここまではビジネスに特化せず、プライベートでも活用可能な情報収集ツールを紹介いたしましたが、こちらで紹介するのはビジネスの情報に特化したツールです。

プライベートの情報収集と仕事向けの情報収集をしっかり区切りたいと考えているのなら、それぞれ違った情報収集ツールを使用すると良いでしょう。

 

10. News Picks

「経済を、もっとおもしろく。」というキャッチコピーのもと運営されているソーシャル経済メディアであるNews Picks(ニュースピックス)は、掲載されているニュースに各業界の著名人や有識者のコメントがついているという特徴があります。

自分が情報を理解するというだけでなく、それぞれの情報に対する有識者の意見を知りたいという方におすすめできるアプリでしょう。コメントを参考にすれば、一つの情報を多角的に捉えられるようになり、より広い知見を持つことが可能になります。

おすすめの情報収集アプリについてはこちらの記事もあわせてご参考ください。

おすすめの情報収集アプリ
情報収集アプリおすすめ9選!無料アプリを厳選してタイプ別にご紹介

続きを見る

 

ツールを使用する際の注意点

情報収集ツールを活用すれば情報収集を効率的に行えることをお伝えいたしましたが、情報収集はあくまで手段であり目的ではありません。しかし、情報収集の有効性ばかりが周知されてしまった現在では、情報収集を目的と勘違いしてしまう方が多いのです。情報収集にばかり注視してしまい、本来の業務が疎かになっては意味がありません。

また、情報収集を実施したことで満足してしまうのも間違いです。情報収集後の共有などのアウトプットがなければ、収集した情報が活用されることもなく、その情報は自分の知識に留まってしまうでしょう。

知識は自分にとって有益ではありますが、すぐに自分の仕事や業務に影響を与えてくれるものではありません。情報収集はアウトプットのために実施するものであることを、よく理解しておきましょう。

収集した情報は、正しく蓄積・管理することも心がけましょう。複数のツールを活用する場合、ツールごとにバラバラに情報が蓄積されていくため、保存したりする必要がある情報は情報整理ツールを活用し一つにまとめて管理することも検討しましょう。

flouu(フロー)はドキュメントの作成・閲覧・編集に優れており、ドキュメントにコメントやチャットを残すことができます。作成したドキュメントは複数のメンバーで同時に編集が可能で、情報の共有までスムーズに行えます。

 

まとめ

情報収集のメリットと、その情報集取を効率的に行うために欠かすことができない情報収集ツールについて紹介いたしました。

情報収集ツールは自分が実施したいと考えている情報収集の目的や内容・自分の生活への取り入れ方によって、最適なツールが一人一人変わります。

どのツールも基本的な機能は無料で使用できることが多いため、自分に適していると感じた情報収集ツールがあれば、積極的に取り入れて、いくつかのツールを使い比べてみましょう。

-情報整理

© 2021 仕事のお役立ち情報