情報整理

超簡単!ネットでの情報収集を自動化するシンプルな方法

インターネットを使い、情報収集を自動化するシンプルな方法

インターネットが普及した現代では、常に多くの媒体から情報が提供されており、その膨大な量の情報を取捨選択しながら収集することは非常に手間と労力のかかる作業であると言えるでしょう。

ここでポイントとなるのが、情報収集は業務を円滑に進めるための手段であり目的とは違うということです。つまり情報収集に多くの時間をかけることはできないのです。

そこでこの記事では、情報収集を自動化する方法を紹介しましょう。情報収集という行動自体を専用のツールに任せ自動的に実施してもらえば、自分の大切な時間を情報収集に取られることはなくなります。

情報収集を自動化する方法を身に付けるために、ぜひ参考にしてください。

情報収集を自動化するにあたり必要な情報収集力や情報収集のコツについてはこちらの記事もあわせてご参考ください。

情報収集力とは
情報収集力とは。仕事での情報収集能力を高める5つのスキル

続きを見る

仕事を劇的に効率化する情報収集の7つのコツ
情報収集のコツ7つをマスターし、仕事を劇的に効率化しよう!

続きを見る

 

情報収集の自動化とは

情報に溢れた現代で情報収集を行うためには、膨大な量の情報の中から自分や組織に必要な情報を取捨選択する必要があります。この取捨選択が上手くできなくては、無駄な情報や同じような情報をたくさん収集してしまい、情報整理だけでなく自分の業務全体が非常に非効率な状態になるでしょう。

しかし今では頻繁に膨大な量の情報が発信され続けていますので、この行動自体に非常に多くの時間や労力がかかってしまうのです。ここからは、情報収集を自動化するべき理由について具体的に説明していきましょう。情報収集の自動化が非常に有益であるということが分かると思います。

 

解決したい日々の課題

途方もない量の情報が存在している現代は、ブログやSNSツールを利用して誰でも簡単に情報を発信できる時代であると言えます。しかし、その分情報発信のハードルが下がり、信憑性が低い情報・調査不足の情報・何らかのサービスや商品の購入に促すための情報も数多く流通してしまっているのです。これでは何が正しい情報なのかが分かりにくくなってしまいます。

現代は「情報収集が行いやすい」一方で、「情報収集が困難」という両面を持ち合わせている時代であるとも言えるでしょう。そのため、情報収集をするために多くの時間や労力がかかってしまい、本来の業務に支障をきたしてしまう恐れもあり、それが多くの個人・企業の課題であるとも言えます。

情報収集という行動自体を自動化できれば、このような問題を解決することが可能なのです。

 

必要な情報を見つけるのが難しい

ほしいと思った情報をインターネットで検索してみると、10個20個ではなく、何百個も情報が見つかってしまうことがあります。そのような量の情報を一つ一つ確認したり精査することはできません。

情報を検索する行為自体は簡単に行えるのですが、提供される情報があまりに多すぎることから、その中から信憑性が高く自分が必要な情報を探し出すことが困難なのです。情報発信が活性化し続ける今、この状況は今後も改善されにくいと言えるでしょう。

 

情報を選別するのに労力が掛かる

膨大な情報の中から必要な情報を見つけた後、情報を選別しながら整理するためには、また別の労力がかかります。手に入る情報自体の数が多いので、情報整理が上手くできなくては自分の持っている情報も溢れてしまい、情報を管理することが難しくなるでしょう。

必要なときに必要な情報を見つけられないのでは、情報を持っている意味がありません。情報の選別・情報の管理をスムーズに行うことが、情報収集のポイントであると言えます。情報の選別を少ない労力かつ短時間で行う必要があるということです。

 

最新情報を見落としてしまう

手にしている情報は常に流動的で、特にインターネットでは毎日・毎分のように最新の情報が更新されていきます。だからと言って、私たちには仕事や生活がありますので、常に情報の最新状態を追うことはできません。つまり古い情報を最新の情報だと思い込んでしまったり、情報の更新が追いつかないことによってトラブルが発生する可能性も考えられるのです。

特に業務上で使用する情報については、古い情報を最新情報として扱ってしまうことで企業全体の損失につながる恐れもあります。最新の情報をいつも把握しておくというのは、非常に難しいことであるとも言えるでしょう。

 

何を実現できるのか

情報収集を自動化することで、「情報を取りに行く」という姿勢ではなく「必要な情報が勝手に集まる」という仕組みを整えられるようになります。この仕組みを構築できれば、自分は情報収集のアクションを起こさない受け身の状態でも、情報が自動的に集まってくるということです。

ここまでの話を聞いて、このようなシステムは非常に実現が難しいと感じられるかもしれませんが、今から紹介する方法を取り入れれば難しい話ではありません。費用負担もなく、簡単に情報収集を自動化する方法をお伝えいたしますので、ぜひ参考にしてください。

効率的な情報収集についてはこちらの記事もあわせてご参考ください。

成果につながる情報収集の方法
成果につながる情報収集の方法とは?情報源ごとの活用手段を徹底解説

続きを見る

情報収集が上手くいく5ステップ
情報収集が上手くいく5ステップとは?サイトの活用で仕事を効率化する方法

続きを見る

 

ネットでの情報収集を自動化するツール

インターネットを使い、情報収集を自動化するシンプルな方法

情報収集を自動化するためには、専用のツールを使用する必要があります。これらのツールはユーザーが求める情報を集めることに特化しておりますので、導入するだけで劇的に情報収集の手間を減らすことが可能でしょう。

まずは、その情報収集ツールの特徴について理解を深めてください。それぞれのツールでできることが分かれば、自分が必要とするツールは何なのかが見えてきます。

また、必要であれば複数のツールを活用するのもおすすめです。大切なことはどのツールを活用するかではなく「いかに簡単に効率よく情報収集をするか」ということなのです。

 

Googleアラート

Googleアラートは、Google社が提供している情報収集を行うための情報収集ツールです。無料で使用でき、現在は多くの方がGoogleのその他のサービスを活用しておりますので、非常に導入しやすいツールであると言えるでしょう。また、Googleのその他のサービスとも連携しやすくなっています。

 

できること

Googleアラートに自分の興味があるキーワードを登録しておくと、そのキーワードに関係する情報を自動的に収集して、ユーザーにその情報を通知してくれます。

たとえば「iPhoneアプリ」とGoogleアラートに登録すれば、「iPhoneアプリ」に関する最新情報がインターネットに流れたときにその新着情報を通知してくれるということです。

常に有益な最新のアプリを知る必要がある・興味がある場合に、毎日のように「iPhoneアプリ 最新」などのキーワードでインターネット検索をかけなくても、Googleアラートで最新情報がチェックできるのです。

 

収集方法

Googleアラートを活用した情報収集の方法としては、自分でキーワードを設定していく必要があります。設定はただの文字によるキーワード設定だけでなく、通常のインターネット検索と同じように完全一致・不完全一致・検索先のサイト指定や、除外キーワード指定などの細かな設定も可能です。より自分の意向通りの情報を手に入れたいのであれば、キーワード設定にもこだわった方が良いでしょう。

 

Inoreader(RSSリーダー)

RSSリーダーとは、Webサイトが公開しているfeed(フォード)という更新情報を受信して通知し、一覧表示する機能のことです。
以前は代表的なRSSリーダーとしてGoogleリーダーという便利なRSSリーダーがありましたが、サービスが終了してしまったため、Inoreader(イノリーダー)というサービスが今人気を集めています。

 

できること

Inoreaderは自分が最新の情報を知りたいと思ったサイトを登録すれば、自動的にそのサイトの更新情報を通知してくれます。有益で信憑性の高い情報を扱っているブログやニュースサイトを知っていても、更新されているか分からないのに毎日訪問するのは手間だと感じてしまうでしょう。

Inoreaderを活用すれば、自分で検索をしなくても更新情報が手に入るということです。更新情報の通知を行っていないブログやサイトで活用しやすいサービスであると言えるでしょう。

 


収集方法

Inoreaderでは、まず無料の専用アカウントを作成します。アカウントはFacebookやGoogleのアカウントでも登録可能です。その後、自分が更新情報を取得したいと考えているサイトのURLを登録し「購読」対象とすれば完了です。その後は自動的にサイトの更新情報が通知されるようになっています。

Googleアラートと同様に無料での使用が可能ですが、有料プランにすると広告が非表示になるようです。頻繁にInoreaderを活用し、広告表示にストレスを感じているのなら有料プランを検討しても良いかもしれません。

 

情報収集を自動化する方法

GoogleアラートとInoreaderでできること・使用方法などをお伝えいたしましたが、情報収集を自動化するためにはこの2種類のツールを使いこなすことがおすすめです。より便利に情報収集を自動化する方法として、GoogleアラートとInoreaderを連携する方法を紹介しましょう。

 

どのような状態を目指すのか

情報収集のためにGoogleアラートとInoreaderを連携することで、気になるキーワードの最新情報を非常に短い時間で手に入れることが可能になります。GoogleアラートとInoreaderを連携すれば、Inoreaderの購読アイテムにGoogleアラートが設定できるので、Inoreaderの通知だけをチェックすれば、指定したキーワードの最新情報が取得できるということです。

 

設定方法

GoogleアラートとInoreaderは、元から簡単に連携する機能を搭載しています。そのため、この連携作業には全く手間がかかりません。ほんの数分あれば、2つのツールを連携させることができるでしょう。

まずはGoogleアラートとInoreader両方で無料のアカウントを作成します。そしてGoogleアラートのキーワード登録にて自分が知りたいと思っている情報のキーワードを登録してから、「オプション表示」を選択しましょう。このオプション表示では、アラートの配信頻度や言語などの設定ができるのですが、配信先を「RSSフィード」で登録してください。その後はGoogleアラートのトップ画面にて、指定したキーワードのRSSフィードボタンを右クリックし「リンクのアドレスをコピー」します。

次にInoreaderの設定に進みます。アカウント登録後、ログインしたInoreaderの検索ボックスに先ほどコピーしたアドレスを貼り付けてください。これで設定は完了です。これだけで、簡単にGoogleアラートとInoreaderの連携ができました。たった数分の作業で、情報収集の自動化が実現できます。

 

効率的にインプットを増やすその他の方法

GoogleアラートとInoreaderを活用して情報収集を自動的する方法を紹介いたしましたが、情報収集の自動化は他の方法でも実現可能です。ここからは、その他の情報収集の効率的な方法について説明しましょう。

 

情報を自分用にカスタマイズ

以前まではニュースアプリといえば一方的に配信されるものが一般的であり、自分で読みたいニュースを検索する・探すような手間が必要でした。しかし、現在SmartNews やグノシーなどのニュースアプリを活用すれば、アプリ側が自動的にユーザーの好み・興味を理解した上で、自分に最適な情報をピックアップして提供してくれるのです。つまり、自分専用のサーキュレーション環境を構築できるということです。

このようなアプリでは、自分が知りたいことが閲覧しやすい状態になっていますので、情報収集も短時間で効率良く行えるようになるでしょう。情報をダウンロードしておけばオフライン環境下でも情報の閲覧が可能なツールも多いため、インターネットが使用できないような場所でも活用することが可能です。

 

スキマ時間の利用

忙しい生活を送る中では、なかなか情報収集のために毎日一定の時間を設けにくいこともあります。それでも、誰しもスキマ時間はあるはずです。現在ではそのスキマ時間を有効活用する方法として、視覚を利用しなくても耳を使って情報を収集できる情報収集ツールが用意されているのです。

その代表的なものとしてAmazon AudibleやVoicy、YouTubeの聞き流しがあります。これらのツールを活用すれば、移動時間やながら作業中も情報収集を進めることも可能でしょう。ニュースアプリと同じく聞き流しができるアプリについても、コンテンツをダウンロードしておけばオフライン環境下で利用できるものが多く、飛行機や地下鉄・病院などで発生するスキマ時間も有効に使えるようになるのです。

 

収集した情報の蓄積・管理も心がける

どんなに有益な情報を手にしていたとしても、いざというときにその情報が活用できないのでは意味がありません。収集した情報は、正しく蓄積・管理することも心がけましょう。

複数ツールを活用する場合、ツールごとにバラバラに情報が蓄積されていきます。見返したり、保存したりする必要がある情報は、情報整理ツールを活用し一つにまとめて管理することがおすすめです。

例えば flouu(フロー)はテキストや画像などの情報を、ドキュメント形式で管理できる情報整理ツールです。ドキュメントは複数メンバーでの同時編集やコメント入力、タスク機能などが用意されています。また検索機能も優れており、必要な情報もすぐに手に入ります。情報の管理・蓄積する時間を大幅に短縮し、情報の共有までスムーズに行えます。

こういったツールも上手に活用していきましょう。おすすめの情報整理ツールについてはこちらの記事もあわせてご参考ください。

情報収集ツール
情報収集ツールおすすめ10選!無料ツールでビジネスを効率化しよう

続きを見る

おすすめの情報収集アプリ
情報収集アプリおすすめ9選!無料アプリを厳選してタイプ別にご紹介

続きを見る

 

まとめ

情報収集を自動的かつ簡単に行える方法を紹介いたしました。

先ほどもお伝えいたしましたが、情報収集は業務の目的ではなく手段です。そのため情報収集に労力や時間を多く割くことはできません。

自分の時間を有効的に活用するためにも情報収集は専用ツールを活用して自動化し、簡単に行えるようにしましょう。

-情報整理

© 2022 仕事のお役立ち情報