情報整理

情報収集アプリおすすめ9選!無料アプリを厳選してタイプ別にご紹介

おすすめの情報収集アプリ

情報収集でインプットできる情報の量を増やしたり、情報収集自体を効率的に進めたいと考えたときにはアプリに頼る必要があります。

情報収集に特化したアプリは情報を収集することに優れた機能を持っており、情報収集自体をスムーズに実施できるようになるのです。

この記事では情報収集のためのアプリを選ぶときのポイントと、おすすめの情報収集アプリを9つ紹介いたしましょう。情報収集アプリを探しているのなら、ぜひ参考にしてください。

 

情報収集アプリとは

情報収集アプリとは、仕事やプライベートにおける情報収集を効率化するためのアプリです。情報収集が業務を行う上で重要なものであると知られている現在では、豊富な種類の情報収集アプリが揃えられています。

それぞれのアプリは一つ一つタイプが違い、全体的な情報収集に特化したアプリ・ビジネスの情報収集に特化したアプリ・効率的に情報をインプットするためのアプリ・音声情報を使用した情報収集アプリなどに分けられます。

平たくさまざまな種類の情報を集められるものから、隙間時間を有効活用できる工夫がされているものなど、そのメリットもアプリによってそれぞれ。そのため、自分の目的・使用方法に適したアプリを見つけることが大切であると言えるでしょう。

せっかく情報収集アプリを導入しても、本来の情報収集の目的を果たせずに終わってしまうようなことのないように注意してください。

 

情報収集で抑えるべきポイント

現代では膨大な量の情報収集アプリが流通しておりますので、情報収集アプリの選定にも時間や労力がかかってしまうこともあります。

いくつもアプリを試用してみると良いのですが、選択のポイントをあまり理解しないままでは、時間を浪費してしまうこともあるでしょう。ここからは情報収集で抑えるべきポイントを紹介いたしますので、ぜひ参考にしてください。

 

目的を明確にする

情報収集という行為をその言葉どおりに受け取ってしまうと「ただ情報を集める」ことを実施してしまいがちですが、実際に情報収集をするときには情報の取捨選択が欠かせません。似たような情報・信憑性の低い情報・不必要な情報を集めてしまうと、業務を効率化するどころか非効率な状態にしてしまう可能性が高いのです。

情報を取捨選択するためには、情報収集の目的を明確にする必要があります。その情報を見たときに「これは誰が使う情報か」「何のために使う情報か」「どのように使うか」を意識すれば、情報収集でダラダラと時間を浪費してしまうこともありませんし、情報収集後の情報整理・共有の方法も自然に見えてくると思います。また、情報収集段階で目的が見つからないような情報は必要のない情報である、と判断することも可能になります。

 

信頼できる情報源を選ぶ

インターネットの普及が進んだ現代では、常に情報が溢れている状態であると言えます。一つの情報を探すために、100個1,000個という膨大な数の情報が検索結果に現れてしまうことも珍しくありません。そしてその中には、信頼できない情報・誤った情報・何らかの商品やサービスを購入させるために作られた情報なども混ざっているのです。

仕事でこのような信憑性の低い情報を正しい情報として共有してしまっては、その情報を選んだ自分自身の信頼を失ってしまう恐れもあります。また、情報は目まぐるしいスピードで変化を続けていきますが、自分が手にしている情報が最新のものかどうかも見極めなくてはいけません。情報収集をする上で、情報の真意を確かめる能力・最新の情報を手に入れる能力は欠かせないということです。

情報収集に必要な情報収集力やコツについてはこちらの記事もあわせてご参考ください。

情報収集力とは
情報収集力とは。仕事での情報収集能力を高める5つのスキル

続きを見る

仕事を劇的に効率化する情報収集の7つのコツ
情報収集のコツ7つをマスターし、仕事を劇的に効率化しよう!

続きを見る

 

情報収集アプリおすすめ9選

おすすめの情報収集アプリ

ここからは、具体的におすすめできる情報収集アプリを9つ紹介したいと思います。
情報収集アプリを探しているのであれば、ぜひ参考にしてください。

 

全般的な情報収集を効率化するアプリ

まずは、多くの種類の情報を効率的に集められるアプリを紹介いたします。これらのアプリはビジネスの情報だけを取り扱っているわけではありませんので、プライベートでも使いやすいアプリと言えるでしょう。多くの場合は、無料で使用できる範囲が非常に広いという特徴を持っています。

効率的な情報収集についてはこちらの記事もあわせてご参考ください。

成果につながる情報収集の方法
成果につながる情報収集の方法とは?情報源ごとの活用手段を徹底解説

続きを見る

情報収集が上手くいく5ステップ
情報収集が上手くいく5ステップとは?サイトの活用で仕事を効率化する方法

続きを見る

 

1. SmartNews

SmartNews(スマートニュース)は、スマートニュース株式会社が提供するニュースアプリです。日本国内でTwitterにツイートされる投稿をスマートニュース独自の機能で解析し、現在話題になっているニュースや話題をリアルタイムで選別することが可能。

自分の興味に合った内容を機械的に選別する機能も備わっていますので、個人向けのキュレーションとして活用できるようになるでしょう。記事全体は画像が多く使用され、使いやすさ・見やすさにこだわっています。

またスマートニュースの大きな特徴として、後で読みたいと思った記事をオンライン環境下でダウンロードしておけば、オフライン環境でも記事の閲覧ができるようになっています。これだけの機能を持っていながら、基本的には無料で使用できるアプリです。

 

2. グノシー

Gunosy(グノシー)は株式会社Gunosyが提供するサービスです。TwitterやFacebookなどのSNSアカウントを利用して独自のアルゴニズムを活用し、自分でキーワード設定などを行う必要なくユーザーの好みを分析して、関心の強い情報を中心に集めてくれます。

そのためSmartNewsと同様、グノシーを使用すれば自分好みのニュースアプリが作成できるでしょう。こちらのサービスも基本的に無料で使用できるものです。

 

3. Yahoo!ニュース

Yahoo!ニュースは、Yahoo!が運営しているニュースサイトです。日本国内だけに限らず、海外のニュースや話題も提供していることでも知られており、Yahoo!メールやYahoo!知恵袋などを普段から活用している方であれば、より使いやすいと感じられるでしょう。こちらもその他のアプリと同じく、無料で使用することが可能です。

 

ビジネス情報に特化したアプリ

情報収集アプリの中でもビジネス情報に特化した情報を扱っているアプリです。芸能情報や流行りの情報には興味がないという方は、こちらのアプリを選択しても良いでしょう。

また、プライベートでのネットサーフィンとビジネスの情報収集を別のサービスで差別化したいと考えている方にもおすすめです。

 

4. News Picks

News Picks(ニュースピックス)は「経済を、もっとおもしろく。」というキャッチコピーのソーシャル経済メディアであり、日本語版と英語版の2種類が存在しています。

2015年には満足度No.1ニュースアプリとして選ばれており、掲載されているニュースは各業界の著名人や有識者がつけたコメントとともに参照できるという特徴を持っています。「発見の欲求」を満たすために情報収集を行うのではなく、「理解の欲求」を満たすことでビジネスパーソンの意思決定を支えるのを目的に考案されたアプリです。

ビジネスのための情報をただ参考にするだけではなく、情報の理解を深めたり、その情報に対する有識者のコメントも知りたいという方におすすめできるアプリです。

【News Picksの費用】
月額  1,500円(1ユーザーの価格)
※学割 月額500円(1ユーザーの価格)
※10日間の無料体験あり

 

インプットを効率化するアプリ

情報をインプットするには多くの労力が必要です。こちらで紹介するようなアプリを活用すれば、情報のインプットもスムーズに行えるようになるでしょう。

また、情報のインプットに特化したアプリは、多くの場合RSSリーダーを活用しています。RSSリーダーとは自分からキーワード検索やサイト訪問をせずに、自動的に自分が求めている情報が通知やフィードで集まる機能です。RSSリーダーをうまく活用すれば、情報のインプットがスムーズに行えるようになるでしょう。

 

5. Feedly

使用しているブラウザにRSSリーダーのFeedly(フィードリー)を統合すれば、ニュースフィードが表示されるようになり、簡単にFeedlyのページにアクセスが可能です。

スマホ版・PC版ともに使いやすい操作性も好評の理由のようです。別の作業中でも最新の情報がフィードされるので、常に情報収集ができる環境が整えられると言えるでしょう。

【Feedlyの費用】
・プロ 6ドル(1ユーザーの価格)
・Pro+ 8.25ドル(1ユーザーの価格)
・ビジネス 18ドル(1ユーザーの価格)
・企業 要見積

 

6. Nuzzel

Nuzzel(ナズル)はTwitterアカウントと連携することで、フォローしている方がシェアした記事を一覧で見れる自分用キュレーションメディアのようなアプリです。Twitterをより使いこなしたいと考えている方向けの情報収集アプリと言えます。

Twitterを使っているがフォロワーの数が多く、あまりの情報量に閲覧や情報収集が間に合わないと感じている方が使うべきアプリだと言えるでしょう。Twitterは情報のスピード感が大きなメリットですので、Nuzzelはスピーディーに最新の情報を手に入れる方法として最適です。

 

スキマ時間を有効活用できる音声アプリ

ながら作業をしているとき・移動中などにも情報が収集できる方法として音声アプリの活用があります。まだまだ音声アプリに馴染みのない方も少なくないようですが、いざ使用してみると音声から取り入れられる情報は非常に多いと感じられると思います。

また、今までは音楽を聞いていたような時間も活用できるようになるので、情報収集に使用できる時間を増やすことが可能でしょう。

 

7. Voicy

Voicy(ボイシー)は株式会社Voicyが運用している日本初の音声メディアであり、企業が発信する「社外報」、芸能人などによる「声のブログ」、マスメディアの記事を耳で聞く「メディアチャンネル」などがメインコンテンツであり、人気を集めています。

情報の質の高さはもちろんのこと「音声×テクノロジーでワクワクする社会をつくる」というキャッチコピーのもと、特に若い世代を中心に利用されています。

【Voicyの費用】
月額 100円〜30,000円(1ユーザーの価格)
※チャンネルによって価格の設定が変わります

 

8. Audible

プロのナレーターが朗読する情報・教育関連のコンテンツを制作・配信しているAudible(オーディブル)は、アメリカで生まれたサービスで現在は世界7カ国(アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・オーストラリア・イタリア・日本)に広がっています。

やはり本職のナレーターの音声を使用しているということで、情報収集にストレスを感じることがなく、情報自体もよく精査された上で配信されていることが多いです。

【Audibleの費用】
月額 1,500円(1ユーザーの価格)
※1ヶ月間の無料体験あり

 

9. YouTube

YouTubeと聞くとうプライベートでの使用がメインで、ゲーム動画や子供が喜ぶような動画を想像する方が多いかもしれませんが、実際にはYouTubeには教育チャンネルやビジネスチャンネルも多数存在しています。

また動画を見なくても音声を聞くだけで内容が把握できるように工夫されているチャンネル・その逆に音が聞こえない状態でもテロップなどで情報を伝える工夫をされているYouTuberも少なくありません。

無料で多くの機能が使用できますが、有料メンバー(YouTube Premium)になると広告の表示が非表示となり動画のインストールもできるようになります。YouTubeをメインの音声情報収集ツールとして活用するのなら、有料のYouTube Premiumがおすすめです。

【 YouTubeの費用】
YouTube Premium 月額 1,180円(1ユーザーの価格)
※ファミリー割引 月額1,780円(1ユーザーの価格)
※学生割引 月額680円(1ユーザーの価格)
※1ヶ月間の無料体験あり

 

無料で試してみよう

おすすめの情報収集アプリを紹介いたしましたが、ほとんどの情報収集アプリは無料で使用できる範囲が用意されています。まずは無料の範囲を活用して複数の情報収集アプリを試してください。それぞれのアプリのメリットが理解できますし、自分に適しているかどうかも確認できるでしょう。

有料版になると、より便利な機能が使用できるようになる・広告の表示がなくなるなどのメリットも多いです。試用したアプリが自分に最適であると感じるのであれば、有料版を利用すれば、より効率良く情報収集ができるようになるでしょう。

情報収集アプリ以外の情報収集方法についてはこちらの記事もあわせてご参考ください。

情報収集サイトおすすめ11選
情報収集サイトおすすめ12選!ビジネスに必須のメディアを目的別にご紹介

続きを見る

情報収集ツール
情報収集ツールおすすめ10選!無料ツールでビジネスを効率化しよう

続きを見る

 

収集した情報の蓄積・管理も大切に

どんなに有益な情報を手にしていたとしても、いざというときにその情報が活用できないのでは意味がありません。アプリを活用して収集した情報は、正しく蓄積・管理することも心がけましょう。

複数のアプリを活用する場合、アプリごとにバラバラに情報が蓄積されていきます。見返したり、保存したりする必要がある情報は、情報整理ツールを活用し一つにまとめて管理することがおすすめです。

例えば  flouu(フロー)はテキストや画像などの情報を、ドキュメント形式で管理できる情報共有ツールです。ドキュメントは複数メンバーで同時編集やコメント入力が可能で、タスク機能も用意されています。検索機能も優れており、必要な情報もすぐに手に入ります。情報の管理の手間を大幅に短縮し、共有までスムーズに行えます。

 

まとめ

情報収集を効率的に進めるためのアプリについて紹介いたしました。現代には非常に多くの情報が溢れています。その膨大な量の情報から、自分に最適な情報を見つけるのは簡単なことではありません。限られた時間を少しでも有効に使うためには、情報収集アプリの導入がおすすめと言えるでしょう。

優れた情報収集アプリを活用し、効率良く情報収集ができるようにしてみてください。情報収集がスムーズにできるようになれば、自分の知見が広がるだけでなく、業務の効率も高められるようになるでしょう。

-情報整理

© 2022 仕事のお役立ち情報