未分類

ノウハウとナレッジの違いとは?ノウハウ蓄積の重要性と課題のまとめ


ノウハウとナレッジは似た意味を持った言葉であることから、同じ意味として扱っている企業や情報も存在します。しかし、この2つの意味は同じではありません。

情報管理が重要視されている今、ノウハウとナレッジの意味の違いも理解するべきでしょう。

この記事では、ノウハウについての基本的な知識とともに、ノウハウとナレッジの違いについて詳しくまとめました。これからノウハウを蓄積したいと考えているのなら、ぜひ参考にしてください。

 

ノウハウとナレッジの違いとは

まずは、ノウハウとナレッジの違いを分かりやすく説明します。ノウハウとナレッジは非常に似た言葉ですが、それぞれ違った意味を持っていることを知りましょう。

 

ノウハウとは

ノウハウとは英語の「know-how」を元とした言葉で、専門的な知識や経験から得た情報という意味があります。

ビジネスの場だけでなく私生活で使われることもあり、「このノウハウは〇〇さんから教えてもらった」「営業のノウハウを後輩に伝える」などのように活用されます。

ノウハウについての情報は、こちらの記事も参考になるでしょう。

ノウハウとナレッジの違いとは?ノウハウ蓄積の重要性と課題のまとめ

続きを見る

 

ナレッジとは

ナレッジは英語の「knowledge」から派生した和製英語であり、知識・情報のことを指しています。

ビジネスの場での利用が多く、「このナレッジは役に立つ」「営業に関するナレッジを集める」などの使い方があります。

ナレッジについての情報は、こちらでも記載しています。

ナレッジマネジメントを円滑に進める方法と基本的な知識について

続きを見る

 

ノウハウとナレッジの違い

意味だけを見ると、ノウハウとナレッジに大きな違いは感じられないでしょう。この2つの違いには「経験から得たものかどうか」というポイントがあります。

自分が経験した上で得た知識・情報のことをノウハウと呼ぶのに対して、ナレッジは経験の有無は問いません。つまり、本やセミナーから得た知識はノウハウではなく、ナレッジと呼ぶのです。

ナレッジは経験のある・なしに関わらず使える言葉なので、ノウハウはナレッジに含まれると言えるでしょう。

具体的な例で説明すると「セミナーに参加して優れたナレッジを手に入れた(ノウハウとは言い換えられない)」「長年営業に携わったノウハウを持っている(ナレッジと言い換えても良い)」このような使い分けられます。

この違いを理解すれば、ノウハウとナレッジを簡単に区別できるでしょう。

 

ノウハウの蓄積が重要な理由

ノウハウは社員が毎日の業務を行う中で発生するものですが、個人のノウハウとして共有されない事例も多いです。ここでは、ノウハウを組織全体で蓄積することが重要視される理由を説明しましょう。

 

業務を効率化・均一化できる

優れたノウハウが個人に留まってしまうと、そのノウハウを企業で活かすことはできません。通常の方法よりも効率良く業務が進められるノウハウなどは、本来積極的に共有・蓄積されるべきなのです。

ノウハウが組織内に蓄積されれば、そのノウハウを使って全ての社員が質の高い業務を行えるようになるでしょう。組織全体の能力が底上げされ、生産性の向上にもつながります。

ノウハウの蓄積は企業全体に大きな影響を与えるのです。

 

人材育成に役立つ

長年の経験で培われたノウハウが蓄積されていれば、まだ経験の浅い社員であってもベテラン社員と同じアプローチが行えるようになります。人材が育ちやすい環境が整えられれば、短期間で能力の高い社員が育っていくでしょう。

また、実際に教育をする際にもノウハウを活用できるため、教育担当者の負担も減らせます。ノウハウを教育時にマニュアル代わりにすれば、マニュアル作成の労力も節約可能です。

 

ノウハウが企業の資産となる

ノウハウは業務効率化・生産性の向上につながる企業にとっての資産ですが、ノウハウが個人に保有されている状態では意味がありません。どんなに優れたノウハウであっても企業内で共有・蓄積されなくては、企業での活用は難しいのです。

蓄積されたノウハウは、改善を繰り返しながら何年・何十年も業務に役立つでしょう。

 

人材流出時の損失を最小限に抑える

ノウハウが蓄積されていない状態で、ノウハウを持った社員が退職・転職してしまうと、企業は人材とともにノウハウも失うことになります。該当の社員がいなくなってから業務がうまく回らない・非効率になってしまうなどの問題が起こり得るでしょう。

ノウハウの蓄積は人材流出時の損失を抑える効果もあるのです。

一つの企業に定年まで勤めるという考えよりも、転職によるステップアップを重要視する人が増えている今、人材流出時の対策が重要視されています。

 

ノウハウ蓄積時の課題と解決策

ノウハウ蓄積は企業にとって非常に重要なものだと分かっていても、社内のノウハウが蓄積されないという課題を抱えている企業は多いです。

ノウハウが蓄積されない企業にはどのような問題があるのでしょうか?その解決策とともに紹介しましょう。

 

社員がノウハウの重要性を理解していない

ノウハウを生む・蓄積する・活用する社員自体がノウハウの重要性を理解していなければ、ノウハウ蓄積は思うように進みません。

日々の業務を行うことが優先され、ノウハウは放置されてしまうでしょう。

ノウハウの重要性やノウハウ蓄積で得られるメリット・ノウハウ蓄積をしない場合のデメリットなどを定期的に社員に周知し、社員が自発的にノウハウ蓄積を行う環境を用意してください。

 

ノウハウを個人で保有してしまう

ノウハウを所持しているということは成果が出やすい状態であり、あえてノウハウを共有したくないと考える社員もいるでしょう。特に苦労して手に入れたノウハウこそ独り占めしたくなるものです。

また、成果が人事評価に直結する場合はより企業全体の利益を優先しにくくなるでしょう。このような状態では、優れたノウハウほど蓄積されません。

社員個人の成果のみで人事評価を行っているのならその方向性を変更し、優れたノウハウを共有した社員を評価する制度を導入するなどの対策を取りましょう。

一度「ノウハウを蓄積する」行動が社内で定着してしまえば、その後はノウハウ蓄積がスムーズに進められます。

 

ノウハウの蓄積方法が統一できていない

ノウハウ蓄積が行われていても、社員一人ひとりが自己判断で思いのままにノウハウを蓄積していては、そのノウハウは活用できません。

データ化したノウハウを共有フォルダに入れるだけの状態になっている・書式が統一されずにノウハウの理解に時間がかかるなどの状態では、ノウハウが残されていたとしても活用が難しいでしょう。

ノウハウ蓄積時に一定のルールを設け、テンプレートの利用や保管方法を統一するようにしてください。

ただし、ノウハウ蓄積時のルールが多い・細かいと、ノウハウ蓄積自体が嫌煙されてしまう恐れがあります。

 

蓄積されたノウハウが管理できていない

蓄積されたノウハウを誰も管理せずに放置すると、ノウハウが整理されずにどこに何があるのか分からないような状態に陥ってしまいます。ノウハウの量が増えるほど、管理には多くの労力が必要なのです。

活用したいタイミングで手に入らないノウハウは、使われないままになってしまうでしょう。

また、何十年も前に生まれたノウハウが今の時代に適しているとは限りません。ノウハウには必要に応じて時代の流れに合わせた改善が求められるのです。

ノウハウの管理者・管理部門を設定し、常にノウハウが正しく管理されているかを監視すると良いでしょう。

 

ノウハウの蓄積には情報共有ツールの導入がおすすめ!

ノウハウ蓄積ができていない企業が抱える課題の多くは、ノウハウ蓄積のために情報共有ツールを導入することで解決できます。

情報共有ツールに搭載されている機能の中でも、ノウハウ蓄積に役立つものは下記の通りです。

・ドキュメントのテンプレート機能
・ドキュメントの共有機能
・ドキュメントの整理機能
・ドキュメントへの権限設定
・ドキュメントの編集履歴の確認機能
・優れた検索機能

これらの機能を使えば、ノウハウ蓄積にかかる労力を大幅に削減できるでしょう。社員のコア業務のための時間を減らさずに、ノウハウ蓄積が進められるということです。

 

情報共有ツールの選び方

情報共有ツールには、情報共有に必要な機能が備わった統括タイプ・コミュニケーションに特化したチャットタイプ・情報の保管をメインとしたクラウドストレージタイプなどいくつかの種類があります。

また、情報共有ツールの中でも多機能なもの・シンプルな機能なものなどが存在し、自社に最適なツールの選定が難しいと感じる企業も多いです。

情報共有ツール選定時には、自社が求めている機能が搭載されており全社員が使いやすいツールを選択する必要があります。

ノウハウの蓄積は一部の社員ではなく全社員で取り組むべきなので、ツール操作を得意としない社員も使いこなせることが望ましいのです。

そのため、多機能なツールよりも「使いやすさ」に重点を置いたツールを選ぶべきでしょう。

 

情報共有ツールの選定時には、こちらの記事も参考にしてください。

情報共有ツール機能別おすすめ9選
情報共有ツールの導入メリットと選び方を徹底解説!おすすめツール10選!

続きを見る

情報共有サイトのメリットと選び方
情報共有サイトのメリットと選び方が丸わかり!おすすめ5選と社内導入における注意点

続きを見る

 

ノウハウ蓄積に最適な情報共有ツールの紹介

ここでは、ノウハウ蓄積に適している情報共有ツールを紹介します。自社が求めている機能を考えた上で、ツールの選択ができるようにしましょう。

 

flouu

flouuには優れた検索機能が搭載されており、必要なノウハウを迅速に見つけられるという特徴があります。

情報は全文検索されるため、管理するべきノウハウの量が増えても問題ないでしょう。

また、非常に多くのテンプレートが用意されていることから、ノウハウ蓄積時の書式を統一し、理解しやすいノウハウを簡単に作成できます。

細かな権限設定やドキュメントの編集履歴の確認はもちろん、ドキュメントのリアルタイム編集・ドキュメントを主体としたコメントを使ったコミュニケーションの活性化が行え、ノウハウをただ蓄積するのではなく、社員全員で育てていくという意識が持てるようになるのです。

flouuを利用すれば、ノウハウ蓄積と同時に情報を共有するという行動が定着するため、テレワークなどの多様な働き方も実現できるでしょう。

【flouuの費用(30日間・1ユーザーあたり)】
・基本料金 550 円
・セキュリティオプション 550円
・OCRオプション 220円
※14日間の試用期間あり

 

Kibera

業界・職種を問わずリーズナブルなKiberaでは、ブログ作成のような感覚でプレビュー画像を見ながらドキュメントが作成可能です。特徴的な操作方法ですが、ブログ作成に慣れている方には使いやすく、画像や図形などの多いノウハウが管理しやすくなるでしょう。

4段階の権限設定が可能で、細かな条件検索も行えるようになっています。

また、「いいね」ボタンがあることから、蓄積された自分のノウハウの評価が分かりやすく、社員のやる気につながります。

【Kintoneの費用(1ヶ月間・1ユーザーあたり)】
・ライトコース 780円
・スタンダード 1,500円
※30日間の試用期間あり

 

Qiita Team

Qiita Teamは、シンプルな使い心地で社内の暗黙知をなくすための情報共有ツールです。「簡単に書く」ことを重要視しており、社員が感じる負担を最小限に抑える工夫がされているのです。

共有・検索が容易に行えるため、ノウハウ作成から蓄積までの流れをスムーズに進められるでしょう。

権限設定やテンプレート機能も用意されています。

【Qiita Teamの費用(1ヶ月間・1ユーザーあたり)】
・Personal 500円
・Micro 1,520円
・Small 4,900円
・Medium 7,050円
・Large 15,300円
・Extra 15,300円〜
※30日間の試用期間あり

 

おすすめの情報共有ツールは、こちらの記事でも紹介しています。

情報共有アプリ
【機能別】情報共有アプリおすすめ7選!無料で利用する方法もご紹介

続きを見る

共同編集ツールとは?チーム内でスムーズに情報共有を進めるための共同編集ツール4選!

続きを見る

 

まとめ

ノウハウとナレッジの違いには、自分の経験から得た知識かどうかというポイントがあります。ノウハウは経験の上で手に入れた知識のことで、ビジネスの場では社員が業務を続ける中で生まれます。

ノウハウ蓄積を行いたいと考えているのなら、ノウハウを蓄積の重要性を社員に周知し、ノウハウ蓄積が行いやすい環境を整えるために情報共有ツールを導入すると良いです。

情報共有ツールを使えば、細かなルールの設定をしなくてもノウハウが整った状態で管理できるでしょう。

優れたノウハウを蓄積し、組織全体の業務効率化・生産性の向上に役立ててください。

-未分類

© 2022 仕事のお役立ち情報