情報共有 文書・文章作成 文書管理

情報共有ツール「Kibela」とは。使い方・特徴・評判・料金まで解説!

投稿日:

「Kibela」とは、株式会社ビットジャーニーが提供する、「個人の発信を組織の力にする情報共有ツール」をコンセプトに掲げた情報共有ツールです。情報をkibelaに発信することで、組織で効率的に情報共有ができます。この記事では、Kibelaについて、特徴や料金、使い方まで概要を解説します。まずは概要をきちんと理解して、自社に導入すべきか判断ができるようにしていきましょう。
※記載されている情報は全て2019年9月調査時点のものです。

kibelaとは

Kibelaとはどのような情報共有ツールなのか、特徴や料金、使い方について解説します。

特徴

まずは、Kibelaの特徴について3つの項目に分けて解説します。

個人の発信がしやすい

kibelaでは、個人の意見やアイデアなどを、編集権限を自分のみにしてSNSのように自由に投稿ができます。また、他のメンバーの投稿に気軽にコメントができるので、組織内での活発な意見交換に繋がります。

ブログ形式とWiki形式

kibelaには、個人のスキルや発見などを投稿できる「ブログ形式」と、情報などを組織全体で集約していく「wiki形式」の2つの機能があります。ブログ形式は、チーム内のある個人が発信するための形式で、チーム内の他のメンバーは編集できません。一方、wiki形式は、チーム内で権限がある他のメンバーも修正が可能で、複数名で情報をビルドアップしていく際に適しています。

ピン留め機能

共有された情報で重要な情報は、kibelaの個人ホーム画面の上部に固定して表示できます。必要な情報をピン留めすることで、重要な情報が新しい情報によって埋もれてしまうことを防げます。

料金プラン

kibelaにはフリー、スタンダード、エンタープライズの3つのプランがあります。

プラン 月額料金ユーザー数 ストレージ 利用可能グループ数
フリー無料5人まで1GB/ユーザー4グループまで
スタンダード540円/アクティブユーザーユーザー数無制限5GB/ユーザー無制限
エンタープライズ1,620円/アクティブユーザーユーザー数無制限20GB/ユーザー無制限

有料版のKibelaはグループ数に制限がないので、組織内での情報や資料などを細かく分けて管理できます。

使い方

Kibelaの使い方について説明します。使い方を理解して情報を円滑に共有できるようにしましょう。

マークダウンで書く

Kibelaでは文章構造が分かりやすいマークダウン記法に対応しています。マークダウン記法では、ブログのように見やすく分かりやすい文章を書くことができます。

『#』と半角スペースを行頭に付けると見出しとして設定できます。『*』と半角スペースを行頭に付けると箇条書きに変換できます。その他にも、Kibelaの『記事を書く』ページにはマークダウン記法の補助プレビューが表示されますので参考にしてみてください。

フォルダを作成する

Kibelaでは、投稿したい記事をフォルダごとに分けることができます。「記事を書く」で投稿したい記事を作成後、「+フォルダに追加する」をクリックします。「+フォルダを作成」が表示されるのでクリックして新規のフォルダを作成できます。

kibelaの投稿をSlackに通知する

kibelaの投稿をslackで通知するにはslackとkibelaの両方で設定をする必要があります。

Slackの設定方法

  1. ブラウザでカスタムインテグレーションのページを開く
  2. 「Incoming Webhook」をクリック
  3. 「設定を追加」をクリック
  4. 「チャンネルを選択」で通知したいチャンネルを選択
  5. 「Incoming Webhook インテグレーションの追加」
  6. 次の画面でWebhook URLとしてURLが表示されるのでコピー

Kibelaの設定方法

  1. チーム設定の「Outgoing Webhooks」のページを開く
  2. 右上の「Webhookを追加」でSlackを選択
  3. 「URL」にさっきSlack上でコピーしたWebhook URLを張り付け
  4. Webhook一覧での表示名を入力 例:Slack(すべての記事)
  5. どの編集権限のどのグループの記事をどんな時に流すかを選択
  6. 「テスト送信」を押して通知が来るか確認
  7. Webhookのテストメッセージです の通知が来たらOK
  8. 「追加する」をクリックして完了

参考:Slackへ通知する方法の詳細

招待・アクセス制限

ゲストやメンバーの招待は、管理者かオーナーによってkibelaの『メンバー管理』ページから実施できます。管理者とオーナーはゲスト、のkibelaへのアクセスを制限することができ、kibelaで共有されている情報を限定的に利用できます。ゲストは所属するグループとその関連情報のみ共有される状態になります。

また、既存ユーザーをゲストに変更するのも『メンバー管理』から可能です。

Kibelaの評判

実際にKibelaを使っている方の、良い評判と良くない評判をまとめましたので、参考にしてください。

技術的な情報共有のツールとしては一番安いんじゃないかと思う。

5人以下なら無料なのでesaやQiita:Teamより安価にはじめられる。

MarkdownやPlantUMLに対応しているので、画像とか作らなくて済む。

引用元:IT review

マークダウン形式で記述でき、わかりやすく文書を作成することができる点。メンバーを招待すれば打ち合わせの議事録などもオンラインで共有することができる点。

引用元:IT review

プロジェクトのトップページがごちゃごちゃしてわかりづらくなりやすい。ここをわかりやすくしたり、かわいくしたりするともっと一般社員に使ってもらえると思う。

よくある左右スプリット型のMarkdownプレビュー機能を搭載しているが、1ペインでWYSIWYG的な簡易装飾ボタンをつけたモードがあってもいいと思う。やはりふつうの人はMarkdown記法ですらわずらわしい。

引用元:IT review

フォルダ構造を用意していて、これで情報の整理をしやすくしているのだと思いますが、意外とこの機能が使い勝手が良くないので改善してほしいなと思っています。

引用元:IT review

代表的な情報共有ツールとの比較

Kibelaの特徴がより理解できるように、代表的な類似ツールも紹介します。他のサービスと比較して、どのツールを導入すべきか判断できるようにしていきましょう。

Confluence

Confluenceは、オーストラリアのAtlassian社から2004年にリリースされた情報共有ツールです。海外での支持率の高い情報共有ツールですが、日本語のマニュアルや、日本語字幕付きの紹介動画などが用意されています。

Confluenceでは、スペースと呼ばれるファイル共有グループを自由に作成し、共有したいファイル(ページと呼ばれます)を作成します。スペースは要件や案件などの用途によって複数作成できます。有料のものも多いですが機能を自由にカスタマイズできる「プラグイン」が用意されているので、ツールを自分仕様に使いやすくアレンジすることができます。

ユーザー数10人以下は1,200円の月額定額料金、10〜100人は1人あたり570円で利用できます。料金については、料金ページでシュミレーションすることができるので、利用を検討している方はぜひ試してみてください。7日間の無料トライアルもありますので、まず導入してみても良いでしょう。

esa

esa(エサ)は、2015年にリリースされた情報共有ツールです。「最初から完璧なものなんてない。 esaは情報の一生を見守りたい。」をコンセプトとした情報共有ツールで、「とりあえず不完全でも公開」し、そのあと何度も更新して情報を育て、情報が育ったらきちんと整理する流れを大切にしています。

文章をまとめることを意識しすぎて情報共有が遅れてしまうことを避けるため、esaでは書いている途中の情報を保存して公開できます。また、カテゴリとタグで情報を分類して管理できます。

2か月間のフリートライアル期間後、1人あたり500円/月で使用でき、比較的安価なサービスと言えるでしょう。

Qiita:Team

Qiita:Teamは、2013年にリリースされた「簡単に書けて、簡単に共有すること」を目的とした情報共有ツールです。マークダウン記法に対応しており、プレビューを確認しながらプレーンテキストを入力できます。

また、外部機能とリンクできるので、組織で使用しているツールに適応しやすくさらに情報共有を効率良く行えます。投稿された記事を探しやすい検索機能が付いているので、整理することを考えずにスピード感を持って情報を共有できるようになります。

料金は、メンバー上限が3人のMicroプランが最も安く、1,490円/月(税込み)です。メンバー上限が増えるに従って、料金が上がっていきます。30日間無料でトライアルができますので、まず試してみることも可能です。

DocBase

DocBaseは、2015年にリリースされた「散らばっていた情報を一元化し、必要なメンバーに必要な情報を共有すること」を目的とする情報共有ツールです。グループのメンバーを決めて情報を共有することもできますが、投稿する際に複数のグループを選択したり組織全体に共有したりすることも可能です。1つのメモを複数人で同時に編集する同時編集が可能で、編集しているユーザーが右上に表示されるので誰が編集に参加しているのかも確認することができます。

料金プランは、ユーザーの上限が3人までのスタータープランで900円(税抜き)、ユーザーの上限が10人までのベーシックプランでで4,500円(税抜)など、使用ユーザー数と使用可能ストレージ数で分けられています。30日間の無料トライアルがあるため、まず試してみることができます。

kibelaの特徴を理解して有効活用しましょう

kibelaは情報をSNSのように投稿でき、情報共有だけではなく個人のアイデアや意見も気軽に投稿できるので組織のコミュニケーションを円滑にするためにも役立てることができます。kibelaの特性を理解して、より活発でクリエイティブな組織づくりに役立てましょう。

The following two tabs change content below.

WORK-BOOK編集部

WORK-BOOKはプライズ株式会社が運営する、日々の仕事を効率化するための知恵・知識を提供するwebメディアです。業務を効率化するためのtipsや業務効率化に役立つサービスの紹介など、「仕事の生産性を高めたい」と思った時に気づきを提供できるよう、情報提供に努めて参ります。

-情報共有, 文書・文章作成, 文書管理

Copyright© WORK-BOOK , 2019 All Rights Reserved.