文書・文章作成

文書作成時間が大幅に短縮!最初に覚えるWord(ワード)のショートカットキー26選

投稿日:


普段Wordを使って、資料作成を行っている方が、さらにもう一歩効率よく作業を行うために欠かせないのが、ショートカットキーをマスターすることですよね。

ショートカットキーを網羅的に使えるようになるちょっとしたテクニックを、少しづつ学ぶことで圧倒的な資料作成効率を実現することができます。ショートカットキーはたくさんありますが、今回はその中でも使う頻度が多いものについて取り上げていきます。

文字の操作編

[Ctrl] + [C] コピー

選択した文字をコピーします。CopyのCと覚えるとよいでしょう。

[Ctrl] + [X] カット

選択した文字をカット(切り取り)します。

筆者はコピーのショートカットの隣に切り取りのショートカットがあると覚えました。

[Ctrl] + [V] 貼り付け

コピー・カットした文字を貼り付けます。

コピー・切り取り・貼り付けのショートカットの位置は隣り合っているので、まとめて覚えるとよいかと思います。

[Ctrl] + [Shift] + [C] 選択したテキストの書式をコピーする

フォントサイズや色も含めて、書式をコピーします。

[Ctrl] + [Shift] + [V] 選択したテキストにコピーした書式を貼り付ける

コピーもそうですが、Shiftキーを押しながらだと書式のみをコピー・貼り付けすると覚えましょう。

[Ctrl] + [B] 太文字にする

選択した文字を太くします。BはBoldのBと覚えるとよいでしょう。

[Ctrl] + [U] 下線を引く

選択した文字に下線を引きます。UはUnderlineのUと覚えるとよいでしょう。

[Ctrl] + [Shift] + [+] 上付き文字

注釈をつける時によく使う上付き文字にします。

[Ctrl] + [Shift] + [=] 下付き文字

下付き文字のショートカットは、PowerPointとは異なります(PowerPointの場合[Ctrl] + [+])。

[Ctrl] + [Shift] + [<] / [Ctrl] + [Shift] + [>] フォントサイズを小さく/大きく

フォントサイズを変更する際には毎回フォントサイズのプルダウンを使わずとも、こちらのショートカットを1回押すと少しづつフォントサイズを変えることができます。筆者は多様しています。

[Ctrl] + [A] 全てを選択

全てを選択して書式変更したい時などは、Ctrl + Aを押すと一斉に選択できるので便利です。

[Shift] + [矢印キー]  カーソルが当たっている場所から動かした分だけ文字を選択する

マウスで左クリックしながら文字を選択しなくとも、shiftを押しながら矢印を動かせば、その分だけ文字が選択されます。言葉だけだとイメージしづらいかもしれないので試してみてください。

[F4] 直前の操作を繰り返す

F4を押すと直前の操作を簡単に繰り返すことができます。例えば前述の[Ctrl]+[Shift]+[V]で書式を貼り付けた場合、直後にF4を押すと同じように書式の貼り付けをすることができます。慣れると非常に便利なショートカットです。

行と段落編

[Ctrl] + [L] 左寄せ

選択した行を左寄せにします。LeftのLと覚えましょう。

[Ctrl] + [E] 中央寄せ

選択した行を中央寄せにします。

[Ctrl] + [R] 右寄せ

選択した行を右寄せにします。RightのRですね。

[Ctrl] + [M]/[Ctrl] + [Shift] + [M] 左インデントを付ける/削除する

選択した行に一つ左インデントを付けます。削除する時はShiftも押してください。

[Ctrl] + [Shift] + [L] 段落を箇条書き(リスト)にする

左側にリスト用の記号が表示され、箇条書き形式になります。

[Ctrl] + [Enter]  改ページする

文章が中途半端なところで次のページに移ってしまう場合、このショートカット改ページを挟むことができます。

[Ctrl] + [Home]/[Ctrl] + [End] 文章の先頭に移動/文章の末尾に移動

特にページ数の多い文章の場合役にたつショートカットです。

※Home、Endのキーがない場合、[Fn]+[←]/[→]で同様の操作ができるかと思います。

[Ctrl] + [Alt] + [1]/[2]/[3] 見出し1/2/3のスタイルを適用する

文章の中で見出しを付けたい時はこちらのショートカットが大活躍します。

ファイル操作編

[Ctrl] + [Z] 操作を一つ前に戻す

Word上で行った操作を前に戻したい時に使うショートカットです。1回押すことで1操作分前に戻せます。

上書き保存は前に戻せないので注意が必要です。

[Ctrl] + [Y] 前に戻した操作を戻す(取り消す)

Ctrl+Zなどで前に戻した操作を取り消したい時に使うショートカットです。1回押すことで1操作分取り消すことができます。

[Ctrl] + [S] 上書き保存

ファイルを上書き保存する時のショートカットで、Wordで資料する人にとっては必須と言っていいショートカットです。

[Ctrl] + [Shift] + [S] 名前を付けて保存

前のバージョンを残した上で最新版を保存したい場合はこちらのショートカットを使いましょう。

[Ctrl] + [P] 文書を印刷する

印刷のダイアログが開きます。

The following two tabs change content below.

WORK-BOOK編集部

WORK-BOOKはプライズ株式会社が運営する、日々の仕事を効率化するための知恵・知識を提供するwebメディアです。業務を効率化するためのtipsや業務効率化に役立つサービスの紹介など、「仕事の生産性を高めたい」と思った時に気づきを提供できるよう、情報提供に努めて参ります。

-文書・文章作成

Copyright© WORK-BOOK , 2019 All Rights Reserved.