文書・文章作成

文章の書き方が学べる本12選。ビジネス文書・ブログ・キャッチコピーなど

投稿日:


企画書やメール、ブログに小論文など、普段の生活の中で文章を書く場面は数多く、ビジネスパーソンにとって文章作成のスキルは必須です。その一方で、文章を書くことに苦手意識をもっている方、書き方を学びたくても何を参考にしたらいいかわからない方が多いのではないでしょうか。そこで、こちらの記事では、文章作成に苦手意識をもっている方でも学びやすいおすすめの本をご紹介します。本の選び方についてもご紹介するので、自身に合った1冊を見つけましょう。

正しい文章作成に参考になる本の選び方とは

正しい文章の書き方の本をご紹介する前に、本を選ぶポイントを解説します。自身のスキルの状態や、課題に応じた適切な本を選ばないと、求めていた情報と異なる可能性があり、本を最大限に活用することができません。

自身に役立つ分かりやすい文章の書き方の本を選ぶためには、以下の2点を意識しましょう。

参考にする本は1つに絞る

本を選ぶポイントの1点目は、参考にする本を1冊に絞ることです。著者によって文章作成の方法やコツが異なるため、複数の本を同時に参考にすると混乱してしまいます。

また、読むことに時間が取られてしまい、実践に移せないという問題も発生します。実践が上達のための何よりの近道なので、まずは1冊を参考に実践に移りましょう。

もし、複数の本が気になる場合は、軽く読んでみてその中から1冊に絞るようにしましょう。

何のための文章を書きたいのか明確にする

本を選ぶポイントの2点目は、書く目的を明確にすることです。目的を明確にすることで、目的の達成のために必要な情報が何かわかります。

例えば、仕事のためのビジネス文書を書きたい方は、仕事における文章の書き方の本を選ぶ必要があります。そんな方が小論文の書き方やキャッチコピーの作り方の本を選んでは、あまり役立てることができません。

本によって紹介されている書き方やテクニックが異なるため、書く目的を明確にし、その目的に応じたものを選びましょう。

文章力向上のためにおすすめの本

本の選び方をおさえたところで、ここからは文章力の向上におすすめの本をご紹介します。目的別に文章の書き方のおすすめの本を紹介しますので、上述の2点のポイントを意識し、自身にあった本を読みましょう。

とにかく文章の基礎を身に付けたい方におすすめの本

文章の基本的な知識を身に付けたい方は、以下の本がおすすめです。

  1. 20歳の自分に受けさせたい文章講義
  2. 新しい文章力の教室
  3. 伝わる!文章力が身につく本

これらの本は、初心者向けに分かりやすく文章の書き方について解説しています。文章力に自信がない方、文章の書き方の基本を学びたい方は、これらの本から始めましょう。

1.20歳の自分に受けさせたい文章講義

こちらは、「話せるのに書けない」という方向けに書かれた本です。著者の古賀史健氏は、ビジネス書や教養書など80冊以上を担当し、その経験で得た文章作成の心得について解説しています。この本では、具体例を多く交えているため、書くことに苦手意識がある方や書きたいことがあるのに書けないという方におすすめです。

2.新しい文章力の教室

2015年の発売以来、高い人気を誇るロングセラー商品です。著者の唐木元氏は、編集長を経験しているプロのライターです。こちらの本では、「書く前の準備で文章が決まる」と述べており、文章の目的明確化や骨組み作りについて徹底解説しています。さらに、基本的な文章の書き方に加えて、企画書や報告書、レポート、ブログ、SNSの書き方まで言及しています。各章では、例文付きで解説されているため、導入本として役立ちます。

3.伝わる!文章力が身につく本

こちらも同じくロングセラーで知られる本です。この本では、文章力を鍛えるための80のコツを例文とともに解説されています。例えば、「だろうを多用しない」「決まり文句を避ける」など、その日から使えるコツが掲載されており、辞書代わりに使える1冊です。こちらの本では、「新しい文章力の教室」と同様に、企画書やレポート、メールの書き方も学ぶことができます。

論理的な文章が書けるようになりたい方におすすめの本

論理的な文章を作成したい方は、以下の本がおすすめです。

  1. 入門 考える技術・書く技術
  2. 「超」文章法
  3. 論文作法─調査・研究・執筆の技術と手順

これらの本は、論理性を持たせ、説得力のある文章の書き方について解説されています。企画書や論文など、ロジカルライティングが求められる文章を書きたい方におすすめです。

1.入門 考える技術・書く技術

ロジカルライティングの代表作である「考える技術・書く技術」の入門書です。この本では、日本人が苦手とするロジカルシンキングを克服するための手法が解説されています。また、この本はバーバラ・ミントが提唱する「ピラミッド原則」について、初心者向けに紹介しています。報告書や企画書など、ロジカルシンキングが必要不可欠なビジネスパーソンにおすすめの1冊です。

2.「超」文章法

こちらは、ベストセラー「超整理法」の著書である野口悠紀雄氏によるライティング本です。この本では、「伝いたいメッセージの明確化」をもとに、メッセージの作り方やメッセージに面白みを持たせる手段などが解説されています。また、文章の骨組みの作り方から引用の方法まで、文章を書くための知識が網羅されています。「超整理法」と関連する内容もあるため、「超整理法」を一度読んだことがある方におすすめです。

3.論文作法─調査・研究・執筆の技術と手順

タイトルからわかるように、論文に特化したライティング本です。特徴は、論文の書き方のみならず、図書館の利用法や指導教員の選び方まで、幅広い内容が収容されていることです。また、「そもそも論文とは何か?」と、基本的な知識についても解説されているため、初めて論文を書く学生におすすめの1冊です。

なお、論文の書き方がメインですが、論理的思考や明確な文章の書き方などは社会人でも応用することができます。

心を揺さぶるような文章がかけるようになりたい方におすすめ

読者に、強い印象を与えるような文章を書きたい方は、以下の本がおすすめです。

  1. 伝わる・揺さぶる!文章を書く
  2. 人を操る禁断の文章術
  3. 「言葉に出来る」は武器になる。

これらの本は、読み手の感情に影響を与える文章の書き方やフレーズについて解説されています。ブロガーが文章を書くときなど、読者の共感を得られる文章を書きたい方におすすめです。

1.伝わる・揺さぶる!文章を書く

この本では、「意見」「望む結果」「論点」「読み手」「自分の立場」「論拠」「根本思想」の7つのポイントをもとに、読み手の感情を揺さぶるための技術を紹介しています。著者である山田ズーニー氏は、長年高校生の小論文の指導に携わっていたため、こちらの本も学生にも読みやすい内容となっています。さらに、会話のコツについても言及しているため、コミュニケーションが苦手な方にもおすすめです。

2.人を操る禁断の文章術

こちらは、メンタリストのDaigo氏による本です。人心掌握や大衆煽動など、メンタリストのテクニックを交えた書き方を解説しており、多くのブロガーやライターが参考にしています。さらに、ブログやSNSだけでなく、説得力の増すプレゼン方法や報告書の作り方など、ビジネスパーソンにも役立つ技術も収容されています。

3.「言葉に出来る」は武器になる。

こちらは、言葉で人の心を動かし、自身のビジョンを伝える手法について解説されています。著者は、「仕事をするならタウンワーク」「世界は誰かの仕事でできている」など、有名なキャッチコピーを生み出した梅田悟司氏です。人を動かす表現の生み出し方について、誰でも実践できる方法で紹介されています。キャッチコピーに限らず、プレゼンや志望動機にも役立つ方法のため、幅広い方におすすめできる1冊です。

基礎は問題なくテクニックを身につけたい方におすすめの本

これまでは、基礎知識が身につく本をご紹介しました。さらに、文章のテクニックを磨きたいという方は、以下の本がおすすめです。

  1. キャッチコピー力の基本
  2. 武器としての書く技術
  3. 伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則

これらの本は、ブログの文章の書き方を勉強したいなど、基礎を身に付けたうえでさらにスキルアップしたい方向けの本です。

1.キャッチコピー力の基本

こちらの本は、キャッチコピーに特化した1冊です。著者である川上徹也氏は、コピーライターとして50社以上の広告制作に携わり、その経験に基づいたキャッチコピーの77のテクニックを紹介しています。「具体的な数字を入れる」「本音で言い切る」「特になること、効果を入れる」など、すぐに実践できるテクニックがメインです。著書に「仕事はストーリーで動かそう」があり、交渉力やプレゼン力など会話力の向上に役立ちます。

2.武器としての書く技術

月間30万PVを獲得したブロガー、イケダハヤト氏の本です。「書くことをお金に換える」をモットーに、収入の得られる書き方について言及しています。実際、イケダハヤト氏はブロガーとしてお金に変える技術を身に付け、その経験を基にテクニックが紹介されています。書くことを仕事にしたい、書いて物を売りたいという方におすすめの本です。

3.伝わる文章が「速く」「思い通り」に書ける 87の法則

こちらは、読者が思わず読み進めたくなるような87のテクニックを解説した1冊です。書き方だけでなく、短時間で文章を作成する方法についても収容されています。さらに、Wordの使い方のコツや読まれるブログの書き方など、ブロガーに有益な情報も多く掲載されています。著者の山口拓朗氏は、「伝える力【話す・書く】」の研究所所長を勤めており、著書の「ダメな文章を達人の文章にする31の方法」もおすすめです。

伝わる文章を書くための基本

これまで、文章力の向上に役立つ本をご紹介しました。ここからは、文章力を磨くためのポイントをご紹介します。書くことが苦手な方でも、いくつかのポイントを意識することで、文章力を磨くことができます。

伝わる文章を書くためには、以下の3点を意識しましょう。

  • 何を伝える文章か決める
  • 文章の構成・骨組みを決める
  • 伝えたい相手になりきって伝わるまで書く

まず、「何を書くのか」という文章の目的を明確にしましょう。文章の目的によって、書くべき内容と書き方が異なります。報告書であれば、結果や結果に対する考察を、商品を売るためのブログ記事であれば、読み手が書いたくなるような商品の情報や特徴を書く必要があります。

次に、文章の構成と骨組みを決めましょう。伝わりやすい構成を作ることで、読者はつまずくことなく、読み進めることができます。構成や骨組み作りの際は、ビジネス文書や論文であれば三段構成(序論・本論・結論)、小説のようなストーリー性のある文章は四段構成(起承転結)を意識しましょう。

最後に、伝えたい相手になりきって書くことを心がけましょう。書き手視点で書き出してしまっては、1人よがりの文章になる可能性があります。読み手の立場に立つことで、相手の求める情報を常に意識して、必要な伝わりやすい文章を書けるようになります。

小説を読むこともおすすめ

文章力を高める手段として、小説を読むことも有効です。小説は、作者によって文体や雰囲気が異なります。自身が魅力的だと感じる作品を読み、気になるフレーズがあればどこかにメモして、自身が文章を書いた際に活用することも1つの手です。

本を読んだらとにかく文章を書いて技術をあげましょう

文章の書き方が学べる本をご紹介しました。文章力を鍛える本は数多く出版されており、基本的な知識からロジカルライティング、キャッチコピーの作り方など、ジャンルは多岐にわたります。本を選ぶ際は、1冊の本に絞ること、書く内容の明確化の2点を意識し、数ある本の中から自身に合った1冊を見つけましょう。

ただし、本を読むだけでは文章力はつきません。文章力は、実際に自身で書いてこそ身につきます。本で学んだ知識やテクニックを参考に、自身でも文章を書く機会を増やすように心がけましょう。

The following two tabs change content below.

WORK-BOOK編集部

WORK-BOOKはプライズ株式会社が運営する、日々の仕事を効率化するための知恵・知識を提供するwebメディアです。業務を効率化するためのtipsや業務効率化に役立つサービスの紹介など、「仕事の生産性を高めたい」と思った時に気づきを提供できるよう、情報提供に努めて参ります。

-文書・文章作成

Copyright© WORK-BOOK , 2019 All Rights Reserved.