文書・文章作成

ビジネス文書作成におすすめの本14選。ビジネスメール・報告書・英文など

投稿日:

ビジネス文書作成について書かれた本は数多く出版されており、基本的なビジネスマナーの本からビジネスメールや報告書などに特化した本まで多岐にわたります。そのため、どの本が自身に最適なのかわからない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、こちらの記事では、ビジネス文書作成スキルを身につけたい方に本の選び方とおすすめの本をご紹介します。自身にあった本を選び、ビジネス文書作成の書き方とコツを学びましょう。

ビジネス文書に関連する本を選ぶポイント

おすすめのビジネス文書をご紹介する前に、本の選び方を解説します。ビジネス文書によって、ビジネスメールや報告書、ビジネスマナーなど、内容が異なります。ビジネス文書の書き方において、自身が求めている情報を見つけるためには、以下の2点をふまえて本を選びましょう。

  1. どんな知識・スキルを身につけたいのか
  2. 最終的に参考にするのは1冊に絞る

では、それぞれのポイントについて詳しくご紹介します。

1.どんな知識・スキルを身につけたいのか

ポイントの1点目は、身につけたい知識やスキルを明確にすることです。上述のように、ビジネス文書の書き方を紹介している本であっても、ビジネスメールや報告書など、それぞれ内容が異なります。ビジネスメールの書き方を知りたい方が、提案書の書き方の本を選んでしまっては、求めている情報が異なります。本を選ぶ際は、自身はどんな知識やスキルを身につけたいのかを明確にし、それらを身につけられる本を選びましょう。

2.最終的に参考にするのは1冊に絞る

ポイントの2点目は、参考にする本を1冊に絞ることです。複数の本を同時に読んでしまっては、どの本の知識を参考にすればいいのか混乱してしまいます。もし、どの本を読むか迷われている場合は、一度軽く読み、その中から参考にする1冊を絞りましょう。

また、本を読んだ後は、必ず自身で書く練習もしましょう。文章力は書いてこそ身につきます。本を読んで終わるのではなく、その本の知識を活かしながら文章に起こしましょう。

ビジネス文書のおすすめ本

ビジネス文書の選び方をおさえたところで、ここからはおすすめのビジネス文書をご紹介します。こちらでは、以下の4つの目的別におすすめの本をご紹介します。

  1. 基本を身につけたい方向けの本
  2. ビジネスメールの書き方を勉強したい方向けの本
  3. 報告書などで伝わる文書を書きたい方向けの本
  4. 英文のビジネス文書を書きたい方向けの本

まずは、基本を身につけたい方向けの本をご紹介します。

1.基本を身につけたい方向けの本

こちらでは、基本的なビジネス文書の書き方を学びたい方におすすめの本をご紹介します。ビジネス文書に書き慣れていない方、わかりやすい文章を書きたい方は、こちらの本から書き方を学びましょう。

困ったときにすぐに使える!ビジネス文書 書き方&マナー大事典

こちらは、あらゆるビジネス文書の書き方について網羅した1冊です。ビジネスメール、報告書、案内状に限らず、謝罪文など、トラブルが発生した際にも活用できる文書の書き方が解説されています。また、ビジネス文書の種類ごとにテンプレートが紹介されているため、初めてビジネス文書を書く方に役立ちます。

 

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

こちらは、ビジネス文書において論理的な文章を書き方におすすめの1冊です。ビジネス文書では論理構造が不可欠であり、そんな論理的思考を鍛えるための方法が紹介されています。相手を説得する文章や興味を惹きつける文章などを例文を交えて解説しています。

できる!ビジネス文書のつくり方が身につく本

こちらは、ビジネス文書における表現の方法や形式を学びたい方におすすめです。こちらの本では、ビジネス文書をわかりやすく書くための85のコツが解説されています。それぞれポイントごとにまとめられているため、辞書代わりに活用できます。文章力だけでなく、箇条書きの使い方やフォントの使い分けなど、ビジネス文書の見やすさも解説されています。

いちばん伝わる!ビジネス文書の書き方とマナー

こちらは、10万部超える高い人気を誇るビジネス文書の導入本です。ビジネス文書における、基本的なマナーや書き方だけでなく、読み手に好印象を持ってもらえるコツなども紹介されています。基本的な文章の書き方を学びたい方、ワンランク上の文章を書きたい方におすすめです。

2.ビジネスメールの書き方を勉強したい方向けの本

ここからは、ビジネスメールの書き方を勉強したい方におすすめの本をご紹介します。日頃から、メールで依頼をしたり、クライアントとやり取りが多い方はこちらの本でビジネスメールの基本とマナーを学びましょう。

正しいビジネスメールの書き方 誰に送っても恥ずかしくないメールが書ける!

こちらは、ビジネスメールの書き方の基本を徹底解説した1冊です。本文の書き方のみならず、宛名や件名の付け方、返信の順番、さらには英文メールの書き方まで紹介されています。また、すぐに使える例文が紹介されているため、ビジネスメールを書き慣れていない方におすすめです。

カリスマ講師に学ぶ! 実践ビジネスメール教室

こちらは、ビジネスメールの教育の第一人者である平野友朗氏の本です。ビジネスメールの書き方とマナー違反について徹底解説してるとともに、成果に繋がる効率的なメールの作成方法まで言及しています。ビジネスメールの書き方だけでなく、早くメールを書くコツを学びたい方におすすめです。

イラッとされないビジネスメール 正解 不正解

こちらは、ビジネスメールに苦手意識をもっている方におすすめの1冊です。メールの目的、メールに必要な情報の整理など、ビジネスメールの心得から解説しています。さらに、相手に不快感を与えるポイントまでも紹介されています。東洋経済オンラインやプレジデントオンラインでも取り上げられた話題の1冊です。

伝わるメールが「正しく」「速く」書ける92の法則

こちらは、正しくビジネスメールを書くための92の法則を紹介した1冊です。正しいメールの書き方と間違ったメールの書き方の両方が紹介されているため、何が間違っているのかが明確にわかるようになっています。さらに、読み手の行動を促すテクニックやフレーズも紹介されています。

3.報告書などで伝わる文書を書きたい方向けの本

こちらでは、報告書や提案書などで、伝わる文書を書きたい方におすすめの本をご紹介します。上司を納得させる文書を書きたい方は、こちらの本でビジネス文書の書き方を学びましょう。

報告書作成法―技術者必携!読み手をうならせる

こちらは、報告書を作成するための基本的な方法やコツが紹介されている1冊です。読み手の気持ちになって書くテクニカルライティングをもとに、伝わりやすい報告書の書き方を紹介しています。5W1Hや出典を明らかにするなど、すぐに使えるコツも学べます。

誰にでも伝わる 文章力のつくり方

こちらは、「上司が納得できる報告書が書けない」「文章を作るのに時間がかかってしまう」などの悩みを持つ方におすすめの1冊です。こちらの本では、「伝わる文章には、頭の良さや豊かな表現力は一切必要ない」と述べられており、書くことが苦手な方でも、わかりやすく伝わる文章を書く方法が紹介されています。

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

こちらは、プロのセールスライターによる文章の書き方を紹介した1冊です。著者のシュガーマンジョセフ氏は、アメリカにおける広告のパイオニアであり、対面販売を一切せずに宣伝文だけでサービスを販売した伝説を持ちます。その経験をもとに書かれた文章の書き方は、営業マンや説得力のある提案書を書きたい方におすすめです。

伝わるのは1行。

こちらは、「簡潔な文章こそ伝わりやすい」をモットーに、わずか一行で相手にきちんと伝える方法を解説しています。著者は、コピーライター歴30年以上の田口まこ氏です。こちらの本では、女性の心の掴み方についても解説しており、女性向けサービスのマーケティングやSNSを担当している方におすすめです。

4.英文のビジネス文書を書きたい方向けの本

ここからは、英文でのビジネス文書やメールを書く方におすすめの本をご紹介します。英語が苦手な方や海外とのやり取りが多い方は、こちらで英文の書き方やビジネスマナーを学びましょう。

英文ビジネスEメール 実例・表現1200

こちらは、英文のビジネスメールに役立つ表現やフレーズが紹介された本です。紹介されているフレーズは、問い合わせや見積もり交渉、注文の変更や提携の申し出など、あらゆるシーンに対応しています。すぐに使えるフレーズが多く紹介されているため、辞書代わりに使えます。

会話もメールも 英語は3語で伝わります

こちらは、英文を「主語・動詞・目的語」の3語で内容をわかりやすく伝える方法を紹介しています。基本的な3語の組み立てパターンをもとに、難しい内容でも伝えられる方法が解説されています。また、伝わりやすい英文と伝わりにくい英文について、双方の例文が紹介されているため、自身の英語のどこが間違っているのか明確になります。

ビジネス文書検定の勉強をしたい方向けの本

ビジネス文書のスキル向上のために、ビジネス文書検定を受験することも有効です。ビジネス文書検定とは、実務技能検定協会が主催する試験で、毎年6月に試験が行われます。試験では、ビジネス文書のマナーや書き方、さらには文書の取り扱い方についても問われます。

勉強の際は、基本的な書き方から応用問題まで学ぶことができるビジネス文書検定受験ガイドが役立ちます。また、実践問題を解きたい方は、過去問が掲載されているビジネス文書検定実問題集がおすすめです。

ビジネス文書の書き方のポイント

本で書き方を学んだ後は、以下で紹介するビジネス文書の書き方のポイントを意識しながら書いていきましょう。

  • 伝える相手を明確にする
  • 構成を作成する
  • まずは書いてから体裁を整える

ビジネス文書を書く際に最初に行うことは、伝える相手を明確にすることです。もし宣伝文を書くのであれば、ターゲットを明確にすることで、相手が求める情報を明確になります。

伝える相手を明確にした後は、構成を作成します。ビジネス文書は、忙しいビジネスパーソンでもすぐに内容が把握できるような構成にしなければいけません。そのため、伝えたい内容や結論を冒頭で述べ、その詳細を後述することで、読み手は「〇〇について書いている」と理解しながら読み進めることができます。

そして、文章を書く際は、まずは文字に起こしてからそのあとに体裁を整えることを意識しましょう。一度文章にし、何度も言葉遣いや言い回しを修正することで、より読みやすい文章へ改善できます。

ビジネス文書を作成する際は、以上の3点を意識し、読みやすい文章を心がけましょう。

自身にあった本を選んでビジネス文書作成スキルを高めていきましょう

ビジネス文書の作成におすすめの本をご紹介しました。自身にあった1冊を見つけるためには、まずはどんな知識やスキルを身につけたいのか明確にしましょう。そして、気になる本の中から1冊に絞り、その本の書き方を徹底的に学びましょう。

なお、ビジネス文書の書き方に限らず、文章力を向上したい方は、日記をつけることも有効的です。文章力は実際に書いてこそ身につき、日記をつけることは文章を書く練習になります。本や日記など、日々のトレーニングを積み重ね、ビジネス文書作成スキルを高めましょう。

The following two tabs change content below.

WORK-BOOK編集部

WORK-BOOKはプライズ株式会社が運営する、日々の仕事を効率化するための知恵・知識を提供するwebメディアです。業務を効率化するためのtipsや業務効率化に役立つサービスの紹介など、「仕事の生産性を高めたい」と思った時に気づきを提供できるよう、情報提供に努めて参ります。

-文書・文章作成

Copyright© WORK-BOOK , 2019 All Rights Reserved.