組合内各社の情報共有・文書管理から業界のDXを推進していきます。

埼玉県北部生コンクリート協同組合様は理事長の年初方針として組合内のIT化を推進することを発表。その中心に立つ宮寺理事に今回のflouu導入の背景と導入後の変化について伺いました。

貴組合はflouuの問い合わせ窓口から問い合わせをいただきましたが、どのような点に関心をお持ちになられたのでしょうか?

まず、当組合の理事長が今年の一つの取り組みの中にIT化の推進を挙げており、その中でも組合の各社での情報・ファイルの共有やコミュニケーションの円滑化を解決すべき課題として考えていました。 この業界では依然紙ベースのやりとりが中心になっており、また組合は独立した企業の集合体という点から、各社の情報連携の強化をITを活用して取り組んでいきたいという思いのもと、その考えにマッチするようなITツールを探している中でflouuを見つけました。

ありがとうございます。紙ベースのやり取りが中心となっている業界において新たなITツールの導入というのはハードルが高かったのではないでしょうか・・・?

そうですね。この業界に従事している方は必ずしもITツールの使いこなしに精通しているわけではなく、かつ現状の業務の進め方を変えることになるのでスムーズに運用できるのか不安ではありました。

ただ、業界の改革を進め、組合内の結束を強めていくためにはテクノロジーの力を活用してより効率的、効果的な情報連携をする必要があると考え、導入を進める判断をしました。

その中で最終的にflouuを選択するに至ったポイントはどこにあったのでしょうか?

私たちがやりたい情報共有、ファイル管理、コミュニケーションが全て集約されていて、直感的に使用できるという点が決め手でした。先ほどもお話した通り、ITの扱いに精通している組合員ばかりではないので、目的を達成するために複数のツールを使い分けることや複雑なツールを使いこなすことをお願いすることは現実的ではありません。 その点、私がflouuをトライアルで使用してみた時にこれであれば導入を進められるのでは、と思いました。

また、問い合わせをしてから導入に至るまでの詳細な説明、導入後の説明会など、サービスの使い方を理解し、スムーズに利用を開始するまでのサポートが手厚かったこともありがたかったです。もちろん私が中心となって導入を推進するのですが、ツールを渡されて終わりなのか、しっかりサポートいただけるかの違いは大きいですね。

まだ使い始めたばかりかと思いますが、導入前と比較して組合内の情報共有が活性化しだしたという手ごたえはあるでしょうか?

それは確実にあります。元々かなりアナログな方法で情報連携していたことがflouuの中に入るとメンバー全員が同じ情報・ファイルをタイムリーに確認・編集できるというのは変化です。またチャットによるコミュニケーションもドキュメントの横でできるので、技術資料に対するQ&Aのやりとりもスムーズです。 業界自体がまだまだIT化の取り組みが遅れていることもあり、当組合におけるflouu導入は業界紙からも注目されています。当組合の取り組みが業界全体のIT化をリードできれば、と思っています。

会社名
埼玉県北部生コンクリート協同組合
従業員数
議事録
報告書
文書管理